デザインの作成は神戸のディーパーツ

移りゆくデザインへの想いや考え方の記録

時間の経過と共に技術や流行が変わるように、仕事などへの想いや考え方も時々刻々と変わります。日常業務を行うにあたり感じる、その想いや考えなどを忘れないよう記録することは大切なことです。

思い・考えることこそ重要で技術やその他は二の次

流れ作業のように考えずに同じ作業をするのではなく、デザインを作成する作業は、まず考え思いを巡らせることに尽きます。考えるが余り悩みすぎて柔軟性を欠き、なかなか一所から抜け出せずアイデアに詰まることもありますが、考えることから逃れることはできません。デザインをする上で出会う様々な事象に対して疑問を抱き、人と出会うことで対処の難しさを知ります。全て勉強と捉えながらコラムとして以下に記します。

デザイン作成には豊富な優れた資料が必要

デザイン作成には豊富な優れた資料が必要

より多くの優れた資料を集め、情報に触れることで優れたデザインが生まれる。デザイン業界に「断捨離」はない。全てが宝である。

デザイン制作後のキャンセルと契約書

デザイン制作後のキャンセルと契約書

フリーランスのデザイナーの方、取引先と契約書は交わしますか?ほとんどの方がNOと答えるほどその習慣は根付いていません。

反応率とデザイン性の両立

反応率とデザイン性の両立

消費者は制作者が考えるほどデザインに敏感ではないと言われる。しかし、デザイナーとしてデザインを作成する以上、反応とデザイン性が両立できることが望ましい。

郵便局のチラシ設置サービスとデザインを考える

郵便局のチラシ設置サービスとデザインを考える

郵便局のチラシ設置サービスは利用者の年齢層などを考えたり、紹介する商材や業種によって反応が大きく違う広告手法です。

PAGE TOP