神戸・大阪でチラシ作成のデザインをお手伝いするディーパーツ
078-393-1255

ポスティング・DM用など販促物の商材として代表的なチラシやフライヤー

チラシは新聞折込や街角でもよく見かける最も身近で人々に定着している媒体です。
印刷物が減少する現在では大判サイズのチラシをデザインすることは少なくなり、A4やB5サイズなど手頃なサイズのチラシをデザインする機会が多く、主にポスティングなどに利用されています。
主な業種としては、不動産をはじめ習い事や飲食店、食品、接骨院などがあります。

チラシデザイン例

特徴

表と裏で表現されるチラシは、表面に興味が無ければ裏返してくれる確率が低くため、いかに表面で人の目に留まるようなインパクトのある見せ方をするかが重要です。

オススメ利用方法

従来は主に新聞折込として利用が目立ちましたが、新聞購読者数の減少などで特にキャンペーンなどピンポイントでの限定的な利用が多くなってきました。
チラシは特に習い事やお店をはじめるなど、周辺への周知目的として手始めに使われるツールです。
SNSの利用で十分とお考えかもしれませんが、周辺地域にはチラシを配布した方が効果が望めます。
また一般企業においても、日頃は社内制作・社内印刷の配布物で対応しながら、新商品の紹介や期間限定のお知らせなど、大切な場面のみチラシの作成をオススメしています。

情報の展開で様々な変化をもたせられる折りパンフレット

一般的には一枚の紙を二つ折りや三つ折りに折ったものをリーフレットと呼び、折パンフレットとも呼ばれます。
チラシより持ち運びに便利で設置スペースも取らないため、折パンフレットを会社案内や事業内容の紹介に使うこともあります。
掲載内容が多くなれば中綴じ冊子のように数ページで構成しますが、中小事業所や店舗などであれば二つ折りや三つ折りのパンフレットで十分な場合があります。

折パンフレットのデザイン例

特徴

折パンフレットのデザインで最大の特徴は、ページを開くたびに新たな情報の展開を作れ、特に面の数が多い三つ折りパンフレットでは全て開けるまでストーリー性を持たせることができます
だから、単純に要素を決められた場所に配置するのではなく、始まりから終わりまでの流れを大切に考えられた折パンフレットは見ていても心地よいものです。
おそらくチラシを見る以上に、扉を開けるというワクワク感が感じられる媒体だと思います。

オススメ利用方法

簡単な業務内容や施設紹介など、改まった感じやかしこまった感じが少なく気軽さを感じる媒体であるため、例えば手配りやラック置きでもスペースを取らずカバンにもそのまま入れてもらえ、ポスティングにも適していると思います。
店舗であれば据え置き用として、営業ツールとしてもかさばらず場所を取らないため、先様に嫌がられなくて済むのではないでしょうか。

大量の情報をわかりやすくまとめて紹介するパンフレットやカタログ

中綴じや無線綴じなど数ページにおよぶ冊子の形状をしたものをパンフレットと称します。
UNESCOでは、表紙を除いて5-48ページをパンフレットと呼び、それ以上を書籍と呼ぶそうです。
パンフレットの形態は、主に会社案内や項目数の多い商品・サービス等を紹介するカタログやテキストなど、デザイン性以上に統一感のあるフォーマットが重要で、目に負担を掛けず見やすいデザインが適しています。

冊子・パンフレットのデザイン例

特徴

パンフレットは無線綴じが2の倍数、中綴じが4の倍数を基準に内容を構成します
通常は表紙を含め12ページ以上なければパンフレットとしてのボリューム感がなくイメージもあまり良くないため、内容を増やすか折パンフレットなどで代用します。
近年では出版せずPDF化してWebサイトで見せることが多くなっていますが、重要な内容なにるほど印刷される傾向にあります。
主に賃貸マンションのパンフレットや製品カタログ、専門学校のテキスト、入学案内、社内報など内容に一定のボリュームがあり、情報を分類して見せる必要があるものがほとんどです。

オススメ利用方法

時々、薄い用紙を使用したペラペラのパンフレットを見かけますが、チラシや折パンフレットとは違いパンフレットは頻繁に作ることが少ないため、しっかりとした厚さの紙を選びイメージを大切にすることをオススメします。
かなり費用がかかるため不特定多数にばらまくような使い方をすることはなく、特定の顧客や企業に対して手渡しをするなど、会社や店舗を代表する「ここ一番」の印刷物がパンフレットなど大型出版物です。

ポスターやハガキ、ラベル、カード類など多種多様な印刷物

印刷物であれば、ポスターやラベル、各種カードなどデザインは多岐にわたりますが、通常は単独での発注は少なく、チラシやパンフレットなど他の商材と併せて依頼されることがほとんどです。

ポスターやハガキ、ラベル、カードのデザイン例

特徴

基本的には各々の形状や特色に応じた、機能的かつ価値のあるデザインに仕上げます。
会員カードやラベル、シールなど形状は違えどデザインをすることに変わりはないため、考え方としては他の媒体と同じです。
これまでに、店舗のスタンプカードや名刺類、商品パッケージ、ケーキピック、ラベル、パッケージなどを制作しました。

オススメ利用方法

店舗であれば常用する消耗品のデザイン、一般企業であればイベントなどで使用するノベルティとして利用したり、商品の種類や形状などにより様々な可能性があります。
現在ではネット印刷会社でノベルティ印刷として様々な商品の印刷に対応しているため、誰でも簡単に依頼できる環境です。

PAGE TOP