デザインの作成は神戸のディーパーツ
神戸でデザインの作成をするフリーランスのデザイナー

問題を解決するためにデザインを作成する

たぶんデザインの必要性を感じるのは、何か問題を解決したいからでしょう。
例えば「自社製品をもっと知ってもらいたい」とか「たくさんのお客さんにお店へ来てもらいたい」など。

新規事業の立ち上げやデザインの見直しをするとき、「自分でデザインするのは難しそうだからデザイナーに頼んだ方が早そう。でも上手く説明できるかなぁ...」と不安しかないと思います。特に初めてデザインを外部のデザイナーに発注するなら「わからないことがわからない」状態だと思います。
デザイナーは単純に情報を紙の上に並べるだけの仕事ではなく、依頼者の伝えたい内容を代弁し「伝える」を「伝わる」に変える仕事で、依頼者にとって「最強の縁の下の力持ち」です。どうすれば今ある問題をデザインで解決できるかお客様と共に考え、そして解決に導くお手伝いをします。

15年の経験で作成したデザインの実績例

依頼者がデザインに望むことは、販売促進や売上向上などです。決して安くないお金を払いデザインを依頼されるのですから、依頼者を満足させることはもとより、ターゲットとなる消費者の気持ちを考えたデザインを作成しています。
問題を解決する手段として、チラシやリーフレット(折パンフレット)のデザインをしています。どんなものを作っているのか、それぞれのサイトでご確認下さい。

チラシの作成 ≡チラシのデザインに関するサイト≡[チラシに関する詳しい情報を見る]

リーフレットの作成 ≡リーフレットの作成に関するサイト≡[リーフレットに関する詳しい情報を見る]

時間を節約し、コストを下げてクオリティを保つ。

デザインの作成を依頼される多くの方が、「時間・費用・クオリティ」の3要素を気にしています。
パソコンさえあれば誰でも簡単にデザインできる環境ですが、専門的なものや内容が難しくなると外部のデザイナーに依頼することを考えるでしょう。忙しい毎日の中で、本業を差し置いてまで無理して時間を割かなくても、必ずご自身で作る以上のメリットは感じてもらえると思います。

  1. 1.本業が忙しくてデザインの作成までは難しい
  2. 2.パソコンを使って自分で作るより作成を依頼した方がキレイで早い
  3. 3.大切な新商品やサービスの案内なので安っぽさを感じさせたくない
  4. 4.これまで仕事上お付き合いしていた会社やデザイナーが辞めた
  5. 5.仕上がりで提示された案がイメージと違った

これは実際にお客様がデザインを依頼された理由です。簡単な資料や印刷物はPC片手に社内で作り、より専門的な内容や大切なデザインは外注するなど、状況や内容に合わせてうまく利用すれば、負担も軽減できて本業にも専念できると思います。

情報が消費者へどのように届くかを意識して作成したデザイン例

デザインを作成する時は、単純に目を引くとかカッコイイだけではなく、常に消費者を意識して作ります。
すぐに優れた点や特徴を伝えたがる売り手側の気持ちをグッとこらえて、少しでも消費者のモチベーションを高められるような、「自分事」としてとらえてもらえる内容を考えます。

そろばん教室のチラシ

知られていない事実をインパクトのある写真と文字で表現

「周辺の習い事と差別化できる内容とインパクト」が求められました。習い事を選ぶのは子供たちでも最後にお金を出すのは親の役割であるため、ターゲットは小学生くらいの子供を持つ親に決め、内容を考えました。世代的に「習い事と言えばそろばん」という世代で、そろばんは古くさい上に計算以外に役立たないと感じる人がほとんどでしょう。しかし、集中力や忍耐力など人間の基礎が養えるという事実を聞かされ、このあまり知られていない事実をインパクトのある写真と文章で表現できれば、差別化しながらインパクトも出せると思い、驚いた子供の写真と断ち切れるほど大きな文字を採用しました。

デザインの作品が掲載されました。

作成したデザインが掲載されました

以前に出版社より作品掲載のお誘いを頂き、これまで作成したデザインの中から数点選び、書籍に掲載して頂きました。「HOUSING AD GRAPHICS」と「実用的なチラシデザイン」です。

PAGE TOP