チラシの作成は神戸のディーパーツ
078-393-1255
*このページの目次*

今抱える問題をデザインで解決するのがデザイナーの役割

チラシやパンフレットのデザインをデザイナーに頼むメリット

チラシをデザインしなければ!自力で?依頼する?

お店の開店や新しいサービスの紹介、デザインの見直しなど、チラシやパンフレットのデザインを新しくする必要がある時どうしますか?最近はパソコンの普及も進み、簡単なチラシであれば自分で作成する人もいます。それで十分事足りるのであれば、わざわざ外部に頼まずに済みますが、どうしても自分では手に負えない事もあるでしょう。

では、どういうときデザイナーにお願いすることが多いのでしょう?

◎デザイナーに依頼する理由
  1. ✓本業が忙しくてチラシやパンフレットのデザインまでは難しい
  2. ✓パソコンを使って自分で作るよりプロに頼んだ方がキレイで早いから
  3. ✓大切な新商品やサービスの案内なので安っぽさを感じさせたくない
  4. ✓これまでチラシやパンフレットを頼んでいた会社やデザイナーの廃業等
  5. ✓依頼したデザイナーのデザインがイメージと違ったから

上記は、これまでのお客様に最初の打ち合わせで聞かされた言葉です。もし現在お悩みの方がいれば、上記のどれか当てはまるかも知れません。先ほども触れたように、パソコンソフトの操作ができれば、パンフレットとなると難しいですが比較的簡単なチラシを作成するなら自力で作れるでしょう。

デザイナーの本来の役割は依頼者の抱える問題をデザインにより解決に導くことなので、ご自身で解決できれば一番良いことです。デザイナーに制作を頼むと当然費用は掛かりますし、本当に思い通りに仕上がるか不安ですが、それらデメリットや不安以上にメリットの方が大きいと思います。

いくつかあるメリットの中でも、見た目の美しさと内容もしっかり作り込むため、対外的に信頼感や安心感が生まれます。特に新規商品や重要なサービスのチラシやパンフレットであれば、信頼や安心は絶対必要な条件だと思います。

どんなデザイナーにお願いするのが良いのか

見た目よりも内容を重視するデザイナーを

デザイナーは単純に情報を紙の上に並べることが仕事ではなく、伝えたい内容を代弁し「伝える」を「伝わる」に変えるのが仕事です。良いチラシやパンフレットは単純に見た目がキレイで華やかだけでなく、必要な情報を正確かつわかりやすく表現できているかが重要です。

まったく信頼感が築けていない当初は不安だと思いますが、Webサイトなどでデザイナーのデザイン実績を十分確認し、見た目以上に内容を確認すれば良いでしょう。

しかし、優れたチラシやパンフレットにするためには、依頼者の協力が絶対条件で、その際もデザイナーに丸投げせずチラシやパンフレットで何を表現したいかなど、ご自身の希望や意向・想いなど積極的に情報を提供しなければ、デザイナーによる空想のデザインになる可能性があります。

情報を手にする人の気持ちになった広告デザイン

見た目がキレイなチラシやパンフレットをデザインすることは、パソコンソフトの操作に慣れていれば容易いことかも知れません。大切なことは、情報を求めている人のことを考えた紙面構成ができるかです。意見や考え方を採り入れながらも情報を吟味して、的確に情報が届けられるようなチラシやパンフレットを作成しています。

事実への驚きを表現したそろばん教室のチラシ
①打ち合わせで聞いた言葉や資料から言葉を拾い集めて紡いで、インパクトがある表現にする。②自分自身も知らなかった事実を愛らしい子供の表情を使い、驚きを表現している。③補足的な説明も、写真と共に全体的な雰囲気に合わせて配置。

★知られていない事実をインパクトのある写真と文字で表現/A4チラシ(表4色・裏1色)

そろばん教室のチラシを作成する大前提として、周辺の習い事と差別化でき、内容とインパクトのあるデザインにしたいという要望がありました。習い事を選ぶのは子供たちでも、最後にお金を出すのは親の役割であり、今回対象の小学校低学年を持つ親はそろばんを習っていた世代。その世代の人は、そろばんを計算だけに役立つ古い道具だと思っているはずです。

しかし実際は、集中力や忍耐力など人間の基礎となる力が養えるという事実を打ち合わせで知りました。そのあまり知られていない事実をインパクトのある写真と文章で表現できれば、差別化しながらインパクトも出せると思い、驚いた子供の写真と断ち切れるほど大きな文字をデザイン要素にチラシを作成しました。

抽象的で分かりにくい人材開発の内容をまとめた三つ折りリーフレット
①表紙を開けて最初に見える面は、最も訴えたい内容を配置し、次の行動を促す役割を持たせる。②潜在的な意識をくすぐるように適宜写真で補足する。③文章でわかりにくい内容は視覚的に理解できるように図にする。④紙面全体の雰囲気に合わせた地図にする。

★伝わりにくさを感じる抽象的な内容を独自に分割・統合/三つ折りリーフレット(表4色・裏4色)

「主にセミナーを通して優秀な人材を開発する」という抽象的で分かりづらい内容の案件です。まずはデザインを作成する前に、様々な資料や打ち合わせで話を聞き、興味ある人がどのような情報なら読みたくなり理解できるのか、セミナー受講者の立場に立って情報を分類し書き出してみました。

情報整理やユーザーの立場で考えることは、チラシをデザインする上で非常に大切なことです。

三つ折りリーフレットをデザインする醍醐味は、チラシでは不可能な内容の展開が望める構成にできること。リーフレットの表紙をめくるワクワク感を感じてもらえるように、開いて最初に見えるページに最も重要で伝えたい内容を配し、次の展開に繋げます。しかし、各面の展開だけでなくリーフレット全体の統一感も忘れれることなく色使いや表現などの統一感を保ちました。

多種多彩な業種とデザインの実績紹介【実績紹介を見る】

3つ折り冊子のサンプル 接骨院のリーフレット コープ新サービス販売チラシ オープンハウスチラシ ケーキピックのデサンプル 贅沢な別荘リゾートチラシ SWINGING NIGHTS in KOBE 外壁塗装・浴槽リフォームのチラシ 視覚障がい者のための楽譜作成ソフトのチラシ表面 外国人向け賃貸マンションのチラシ リゾート物件のチラシ インドアゴルフスクールのチラシ

チラシ以外にも二つ折り・三つ折りのリーフレットやパンフレットなどがあります。キレイ・カッコイイだけではなく、伝えたい情報をしっかりまとめ、伝えたい人へ的確に届けるよう心がけています。これまでの実績を見て、それらを実感してください。

明朗会計でわかりやすいデザイン料金【デザイン料金を見る】

デザイン料金

デザイン料金に関しては各業者により違いますが、用紙サイズによる料金設定を採用しています。A4サイズ両面のデザイン料金は40,000円(税別)で、片面の場合は20,000円(税別)を基準にしています。従って、よくあるA4サイズの三つ折りパンフレットのデザイン料金も40,000円(税別)となります。デザインサイズが大判になるに従い料金は高くなり、A5サイズやB6サイズなど小さなサイズは最低料金として20,000円(税込)頂きます。

お問合わせからデザイン・納品まで依頼の流れ【依頼の流れを見る】

依頼の流れ

発注前提でお問い合わせされる場合、電話やメールによる最初のお問合せでは、チラシやパンフレットを使って表現したいことをお話しください。どうしたいか感じ取れれば、その後の打ち合わせやデザインの作成等がスムーズに進みます。まずは商品やサービスに対する熱意が大切です。打ち合わせは近隣の場合直接お伺いします。ラフのデザイン案は打ち合わせ後から1週間以内で作成します。印刷はインターネットを利用したプリント通販か地元の取引先のいずれかで、データ納品も可能です。

PAGE TOP