デザインの作成は神戸のディーパーツ
078-393-1255

デザインは数出せば優れているわけではない

数多くのデザインを求める依頼先が存在する。多くの選択肢から選ぶ方が優れたものに出会える確率は高いのだろうか?しかしその選択肢全てが優れたものであるという確証はない。自分の基準を持って良いものを見極める力を養わなければならない。

最初に思いついたアイデアで作成したデザイン案が最も優れているという考え方。

デザイナーとして仕事をするなかで訂正や作り替えは日常茶飯事である。
デザイナーであれば、一度に何案ものデザイン案を求められる経験は誰もがしているはず。
例えば6案提出して6案とも全力を尽くすが、時間の制限などもあり全てが優れたデザインになることはほとんどない。
だから、提出してもせいぜい2〜3案程度が妥当である。

それではなぜ初稿で出した案が最良であると言えるのか?
デザイナーは
打ち合わせでもらった資料を自分なりにじっくりと読み解いてまとめた上でサムネイルに起こし、どのようにすれば情報が正しく相手に伝わるのかを
十分検討して最良の方法を導き出す。最初に出した答えが最も優れているのは当然だと考えられる。考え方を変えて数案提出しても山崩し的に力が分散されるだけで、頂点はやはり最初の案ということになる。

数案提出を求めるクラインとの多くは、アイデアがなく決めることができないのが理由。

1案だけのデザインでは「選べない」というもどかしさがある反面、数が多ければ良いというものではないという考え方がある。様々なアイデアを見たいという考えもあるが、ある程度の方向性や考えがあれば多くを求める必要もないように思える。

提出後に選ばれた案を修正する場合、明確な考えがあれば的確に指示を受けるが、考えがないクライアントの場合「何となく違う」という理由だけで作り替えを要求されることがある。伝えたい内容が不明瞭なため困難を極めることになり、最悪の場合全てが頓挫することもある。最終的な目的があればたどり着くための道は必ずいくつか存在するはずで、
出来上がったものに対して不満を感じるなら「何となく」ではなく明確に指摘できるはずだ。

特にデザインを理解しているクライアントの担当者なら分かるだろうが、
最初に提出したデザイン案が最良だということを理解していない人は多い。何が相応しいか分からないからデザイナーにデザインを依頼していることは理解できるが、提出物に対しての判断が明確でないことが目立つように感じる。

一覧ページに戻る

PAGE TOP