デザインの制作依頼は実績15年以上ある神戸のディーパーツへ
078-393-1255
♦その他のオススメ記事♦
お金を払ってまで依頼する価値があるのか?

全てのデザインをデザイナーに依頼する必要は全くない

「ある程度パソコンは操作できるから、必要な資料やチラシは自分でデザインできる。」
経費削減のために簡単な資料やチラシのデザインを社内で行うケースが増えている。
パソコンさえ操作できれば誰もがデザイナーという時代。
わざわざデザイナーにデザインを依頼する必要はあるのでしょうか?
あるとすればどんな時なのでしょうか?

自分でできることは自分でする時代に。

時代と共に仕事を取り巻く環境も大きく変わり、利便性を追求することで誰もがパソコンを使って簡単にデザインをする時代になった。
現代において仕事でパソコンを使わない仕事は少なく、デザイナー以外であってもメールやWebサイトのチェックをはじめ、エクセルやワードを駆使して日常業務をこなしている。

社内で使う簡単な資料であれば、高価なソフトを使わなくても誰もが簡単にチラシを作れると言ってもいい。
それは、ネット上には誰もが簡単にチラシを作れるようにと無料のテンプレートが無数に存在しているからだ。
最近では商用利用ができるイラストや写真のWebサイトまであり、それらを組み合わせるだけで見た目に美しいチラシが完成する。

もし仮に営業用の資料や新商品の紹介チラシをスタッフ自らが作成し、結果的に効果があり売上につながったのであれば、わざわざお金を払ってまでデザイナーにデザインを依頼する必要はないでしょう
景気の良い時代は過ぎて少しでも経費削減を考える企業にとっては、自社でできることは自社で取り組むほうが望ましい。

印刷に関しても、従来のように地域にある印刷会社へ依頼しなくても、ワードやエクセルを使ってデザインしたデータを簡単にネット経由で依頼できる。
特に印刷品質にこだわらなければ、コストパフォーマンスも高く費用対効果はバツグンである。
つまりネット環境さえ整っていれば、無料テンプレートを使ってお気に入りのイラストや写真を利用して、できあがったデザインをネット印刷に発注し、後は印刷物の到着を待つだけという手軽さである。

きれいなデザインではなく問題を解決するためのデザイン

では、お金を払ってまでデザインをデザイナーに依頼する意味や価値はあるのか?
デザイナーが必要とされる場面はどんな時でしょうか?
デザイナーの仕事はキレイでおしゃれなデザインを体裁良く作り上げることではなく、あくまで困りごとや悩みをデザインによって解決に導くことである。
だから、依頼者自身がデザインして問題を解決できるのであれば、我々デザイナーの出る幕は一切無く、デザイナーに依頼する必要はない。

あくまでも、パソコンは操作できるけど時間がない、自分のデザインでは満足できないなど、問題を解決したいながらも何らかの理由により自分ではどうしても解決できない場合に、ようやく私たちデザイナーの登場となる。
また、マンネリなデザインを変えたいという理由で依頼されるかもしれません。
いずれにしても、どんなデザインに対してもデザイナーに依頼する必要は一切無く、ここぞという場面や自分だけでは問題を解決することが難しい時に限りデザイナーに依頼すればいい。

では、依頼者が作成するデザインとデザイナーが作成するデザインの違いはどこにあるのでしょう?
素人の方でも上手にデザインされる方がいるため一概には言えないが、情報を単純に美しく並べたり見た目だけに頼らず、情報をしっかりと整理・分類して消費者へのわかりやすさを意識している点が異なる。
また、使用ソフトもワードやエクセルではなくイラストレータなどを使用する点でも違う。
これらの他にも細かい違いはあるだろうが、考え方や技術面においてデザイナーのほうが優れていると言えるだろう。

しかし、時にはデザイナーに依頼せず依頼者自身で作ったほうが上手くいく場合がある。
それはなぜか?
その答えは、制作に必要な情報を一番多く持っているのは依頼者自身だから。
極論を言えば、解決したい問題を抱えている人がその思いや考えを伝えることができれば最良だということ。
伝言ゲームなどにならず消費者に対して気持ちをダイレクトに伝えることができるため、手描きなどのチラシが反響を呼ぶケースがある。
デザイナーの存在は常に「縁の下の力持ち」で、必要なときに現れて手助けをする便利な存在。
その利便性を考えて適宜デザイナーを利用するのが正しい使い方だろう。

一覧ページに戻る

⇑TOP

twitter facebook hatena pocket