デザインの作成は神戸のディーパーツ

優れたチラシの作成には良い材料と情報が必要

全く何もない状態から素晴らしいものを創り出すのがデザイナーの仕事ではありません
「デザイナーに任せておけば立派なものができる」ワケではなく、良いチラシにするためには、必要な情報や依頼者の要望・考えなどは最低限必要です。ただ「チラシを作る必要があるから…」ではなく、少なくとも何をどうしたいのかというご要望などを前もってご用意いただき、決して情報を丸投げされないようご注意ください。

1.お問い合わせ

電話・メールなどでお問い合わせ電話やメールの短いやり取りだけでは依頼できるか判断が難しいとか、「知らないうちに勝手に進められてたら…」と不安を感じるかも知れませんので、まずはこれまでの作成したチラシデザインの実績サンプルをご確認いただき、ご自身のイメージに合うかご確認ください。

2.打ち合わせ

デザインの詳しい打ち合わせ不安がなくなり見積額にも納得してもらえたら、デザインの内容を具体化するため、近隣なら直接お伺いして、遠方であれば電話やメールで打ち合わせします。

依頼内容を最も詳しく知る人物はあくまで依頼者本人ですので、決して主導権をデザイナーに委ねずお客様主導でデザインの打合せを進めてください。まずは以下の項目を参考に情報を用意してください。

  • 1.何をどう伝えたいのか (例)新商品の特徴をわかりやすく伝えたい!
  • 2.ターゲットは誰か (例)20代後半から50代の既婚男性サラリーマン
  • 3.どんな特徴があるか (例)駅から近くにあり会社帰りにも通える
  • 4.紙面のサイズ (例)A4サイズの両面
  • 5.カラーかモノクロ (例)両面カラー(4色)
  • 6.印刷かデータ納品か (例)印刷は別なのでデータで欲しい
  • 7.納期 (例)オープンが今月の10日なので8日にはほしい

3.デザインの作成

チラシのデザインを作成打ち合わせや資料の内容をまとめて、※1完成に近いラフ案(通常2案)を作成します。
確認用のPDFファイルをメールで送り、修正を繰り返し完成させます。尚、修正箇所は必ずデザイナーと依頼者双方で確認します。修正回数は2〜3回程度(良識内)を考えています。また、修正費用は通常料金に含みますが、大幅なデザイン変更などは別途料金を頂きます。

※1ディーパーツの「ラフ案」は、手描きや要素の配置図などではなく、ほぼ仕上がりに近い状態のラフ案です。
それは、手描きや適当な配置図では一切内容が伝わらず、非常に不親切な対応だと感じるからです。また、適当なラフ案から本番用に作り直す二度手間を省きたい意図もあります。

4.印刷と納品

デザインを印刷して納品印刷が必要であれば、通常ネットで印刷を発注します。
個人事業主や小規模事業所で予算が少ない場合、特にネット印刷をお勧めしています。品質は通常の印刷に劣らずコストパフォーマンスにも優れ、費用対効果が非常に高いからです。
最近、印刷に関しては「自分のタイミングで発注したい」とおっしゃる依頼者が増えてきたため、イラストレータで作成したデータをメールで納品しています。

PAGE TOP