連絡先:078-393-1255
はじめての方の仕事依頼はデザイン依頼フォームから。

デザインは、依頼者の協力なくして成功することはない。

全く何の情報もない状態から素晴らしいデザインを創りだすのがデザイナーの仕事ではありません。 常に依頼者の考えや気持ちを踏まえ、デザインを利用して問題解決に導くのがデザイナーの仕事です。 決して「デザイナーに任せておけば立派なものができる」ワケではなく、優れたものづくりには必要な情報や依頼者の要望・考えなどが絶対的に必要です。 「単純に、必要だから作る」という流れ作業のような理由ではなく、デザインによって解決すべき問題があるからこそデザインが必要なはずです。 今、どのような問題を解決したいからデザインするのか?という強い目的意識を持っていただき、決してすべてをデザイナーに丸投げしないでください。

メール・フォームからのお問い合わせから納品までの流れ

1.お問い合わせ

メール・フォームからのお問い合わせ お問い合わせ前、特にデザイン自体の依頼が初めてであれば、問い合わせ前のお願いを必ず読んで必要な情報を揃えてから依頼してください。 メールの短いやり取りだけでは注文して大丈夫なのか判断が難しかしいと思いますので、まずはこれまでの制作実績料金と支払いについてをご確認いただいてからお問い合わせください。

2.打ち合わせ

打ち合わせ 制作実績や料金をご確認いただき見積額にも納得していただけたら、依頼内容を具体化するために近隣なら直接お伺いして、遠方であれば電話やメールで打ち合わせをします。 必要な情報はできるだけお伝えください。 どうしても分からない場合は以下の項目や同業他社のものを参考に必要な情報を用意してください。
  • 1.何をどう伝えたいのか
     (例)新商品の特徴をわかりやすく伝えたい!
  • 2.伝えたい人は誰か
     (例)20代後半から50代の既婚男性サラリーマン
  • 3.どんな特徴があるか
     (例)駅から近くにあり会社帰りにも通える
  • 4.紙面のサイズ
     (例)A4サイズの両面
  • 5.カラーかモノクロ
     (例)両面カラー(4色)
  • 6.印刷かデータ納品か
     (例)印刷は別なのでデータで欲しい
  • 7.納期はいつなのか
     (例)オープンが今月の10日なので8日にはほしい
【重要】※打ち合わせについての注意事項 直接お目にかかって打ち合わせの必要がない場合(簡易な内容や遠方の方など)、双方の時間節約のためにデザイン依頼フォームを用意していますので、必要事項を入力して送信してください。 また、直接打ち合わせが必要で近隣の場合、お伺いできますが、交通手段は電車・バスなどの公共交通機関と徒歩で自動車による訪問はいたしませんので、訪問に際し相当の時間を要する場合は上記の方法でやり取りさせていただきます。

3.デザイン作業

デザイン作業 打ち合わせや資料の内容をまとめて、完成に近いラフ案※1(通常2案)を作成します。 最初にご覧いただけるまでには通常1週間程度かかります。 デザインの確認はPDFファイルをメールで送り、修正を繰り返しながら完成させます。 尚、修正箇所は必ずデザイナーと依頼者の双方が責任を持って確認します。 修正回数は通常2、3回程度(良識内)を考えています。 また、修正費用はデザイン料金に含まれますが、大幅なデザイン変更があれば別途費用がかかります。 ※1「ラフ案」の概念はデザイナーによって様々ですが、当方では手描きや要素の配置図などではなく、ほぼ仕上がりに近い状態のデザインをラフ案として提出しています。 それは、手描きや適当な配置図では一切内容が伝わらないことや、適当なラフ案から本番用に作り直す二度手間を省きたいからです。

4.印刷と納品

印刷と納品 デザインの依頼だけでなく印刷も必要であれば、通常ネットで印刷を発注しています。 個人事業主や小規模事業所で予算が少ない場合、品質は通常の印刷に劣らずコストパフォーマンスにも優れ、費用対効果も高いためネット印刷をお勧めしています。 また、印刷に関しては「自分のタイミングで発注したい」とおっしゃるご依頼者様には、イラストレータで作成したデータ一式をメールで納品しています。 以上がデザインの流れですが、中でも最も重要になことは依頼者の考えや伝えたいという想いです。 見切り発車で依頼されることのないよう、デザインを依頼する前にしっかりと内容を考えて必要な情報を揃えてから問い合わせてください。 「どうすればいぃのでしょうか?」ではなく「どのようにしたいのか」をお聞かせいただければと思います。

⇑TOP

twitter facebook hatena pocket