デザインの作成は神戸のディーパーツ
078-393-1255

仕事の依頼に於いては積極性や責任感が大切な要素

「素人なのでよくわからないのですが...」という言葉を枕詞として耳にするが、「下調べしていない」とか「知識がない」など良い印象を受けることはないので極力使わない。ビジネスに於いては仕事に関わる以上、最低限の積極性や責任感を持って望みたいと感じている。

自らも大切にしている主体性のある発言と行動

外注先に仕事を依頼したり相談する際「素人でわからなくて…」とか、「知識が全くないので…」など、考え方次第では「逃げ」とも取れるような表現を使う事はできる限り控えるように注意している。無意識にそのような表現をした際は非常に反省する事になる。

自分自身が関わる事について「素人だから」とか「知識がない」というのはむしろ恥ずべき事であり、まずは自分なりに調べる事から始めるのは当たり前の事である。これほどまでの情報化社会なのだから、ネットで調べさえすれば情報を手にする事はできるはずだ。その上でどうしても不明点がある場合にのみ相手に尋ねるのが当然と考えている。

問題を簡単に解決するために他人にすぐ問い合わせて答えを求める人は信用できない。

人に聞く事は簡単で、すぐに問題解決できるし時間短縮にも繋がるだろう。しかし情報の正確性を判断したり問題解決する力は確実に失われる気がする。学生時代、宿題を一切してこない人間に簡単にノートを見せるだろうか?

例えば何か問題が生じれば自ら様々な手を使い調べるのが当然だという考えがある。「○○をしたくて××していますが、△△だけわからないので教えてもらえませんか?」とある程度調べたり解決しようと努力していることが分かれば協力しようと思える。素人だからこそ、知識がないからこそ自分で調べて知識を得ようとするのではないだろうか?
だから同様のことが生じた際は、相手がクライアントであろうが目上の人であろうが「まずはご自身でお考え下さい。」と告げる。もしそれで嫌な顔をされたのであれば、結局そこまでの関係しか築くことができない間柄だったということである。

気を遣ってサイト内に注意事項を記載しても、依頼者は一切読んでくれないという現実。

一度もデザインの依頼をしたことがないという方からの依頼が多く、そのほとんどの方が「これからどうすれば良いですか?」と尋ねてくる。ホームページを見て連絡してきても、デザインの進め方や流れ、初めて依頼される方へのメッセージをサイト内に記載しても読んでもらえていないようだ。

デザインを依頼することは非日常的で難しいかも知れないが、依頼する必要性がある以上、最低限「こうしたい…」という希望や思い入れはあるはずなので、まずは「どうしたら…」ではなく「こうしたい…」と伝えて頂きたいといつも思う。実は依頼者の主体性や自主性はデザインにおいて非常に大切な要素で、それがなければデザイナーが創り上げた勝手な広告物でしかなくなる。

以前に一度だけ、関連資料だけ手渡されて「コレで作って!」と依頼されたことがあったが、「一体誰のチラシを作っているのだろう?」と感じた経験がある。
「丸投げOK!」を謳い文句にしたサイトも存在するが、恐らく仕事をそのまま丸投げではなく、依頼者の想いや考えなどを丸投げするのだろうと思う。「全くわからない」「素人なので」ではなく、最低限の積極性や責任感はどの立場であっても必要なのではないだろうか?

一覧ページに戻る

PAGE TOP