チラシやパンフレットなど印刷物のデザイン制作はディーパーツ
078-393-1255

目的が明確なデザインは必ず情報に起伏を生む

誰かに情報を届けたいからこそ必要とされるデザインも、明確な目的やターゲットを決めなければ内容が十分に伝わらない。奇抜で目立つ起伏ではなく、特定の層にしっかりと届くような起伏のある情報を盛り込んだデザインこそ必要とされている。

せっかく作るチラシだから、より多くの人に受け入れられ反響のあるものにしたい。
誰もが望むことかも知れないが、実際にはそう甘くはない。まずチラシを作成するには必ず目的が存在する。逆に言えば、全く目的がないのにチラシを作ろうとする動機が見当たらない。そして、たとえ紹介する商品やサービスの対象が広い場合でも、理想のターゲット層やペルソナをたてなければ、対象がぼけてしまい、結果的に誰にも響かないチラシになってしまう。
しかし、以前デザイナーは芸術家とは一線を画す立場でも書いたように、最終的には決してゴリ押しをせず、クライアントの意向を受け入れるようにしている。それはデザイナー自身のチラシを作るわけではないからだ。

なぜ起伏の少ない平坦な内容のチラシは人の心に響きづらいのだろうか?

例えばYouTubeの動画で話題になったピコ太郎のPPAP、大多数が好印象を受けている反面「意味が分からない」「どこがいいの?」などネガティブな意見も多い。
では、彼は万民受けする動画を制作しアップロードしたのだろうか?
恐らく自分のやることに嫌悪感を抱く人も居ることを念頭に、自分が楽しいと思うスタイル、ダンスや表現で、これを楽しいと感じてもらえる人を対象に作ったのだと思う。


YouTubeなどの動画を見ていても、とんがった部分がなく情報に起伏のない動画はおもしろみに欠けるし、見ていてもつまらない。それはデザインにおいても同じことで、「あの人にも、この人にも」と皆にいい顔をしたチラシは結局誰に対して何を言いたいのか伝わらず、ほとんど反響を得られない結果になりがちだ。

極論を言えば、「興味が持てない人は全く興味が持てない内容」でいい。

例えば新聞を購読されている方なら、近所のスーパーや不動産、パチンコ屋など折り込みチラシに目を通すだろう。しかし自分に関係の無い広告は内容を見ずに横に置き、興味があるものだけ見ないだろうか?
誰でも興味があることと無いことがあり、興味が無いことにわざわざお金を払おうとは思わないだろう。たとえ商品の優れた部分を延々と話されても、心が傾くことは少ないと思う。少しでも心が揺れたのであれば、それは少なからず興味があったと言える。
興味が無い人を説得して興味を持たせるのは大変な労力で、直接話を聞いたり調べたりと、より深く理解しなければ成り立たない。つまり、新聞に折り込まれたチラシや街角に立てかけられた冊子を一瞥する程度では興味はわかない。

無駄な労力を最小限にしながら、ターゲット層を決めればダイレクトに届くメッセージを伝える。

興味の無い人を振り向かせる努力より、少しでも興味を示すターゲットに対し、より興味を持たせる努力をした方が効率は良く、それがチラシやパンフレットをデザインする目的でもある。だから、一切ターゲットを排除したような平たい情報をチラシに掲載しても、それほど意味があるとは思えない。


また、何のためにチラシを作っているのかを考えれば、誰に何をどのように伝えれば良いのかが見えてくるので、通常は情報に起伏が生まれる。優れた効果のあるデザインは、あれもこれもと情報を詰め込まず必要な情報だけを伝えたい層に向けて届けられているかどうかだ。

一覧ページに戻る

PAGE TOP