Works

デザイン例

そろばん教室の生徒募集チラシ
そろばん教室の生徒募集チラシ

知らなかった事実を知って驚きの表情を隠せないそろばん教室の生徒募集チラシ

デザインの内容とその考え方

習い事の競合がひしめき合う地域にあるそろばん教室の生徒募集チラシを作成しました。
そろばん教室の周辺にはKUMONや学習塾など直接競合とピアノ教室などの間接競合が混在しているため、それらと差別化を図る優位性のある材料が必要でした。
打ち合わせで知ったことは、そろばん教育は計算を上達させるだけでなく、忍耐力や集中力を養うほか規律正しい生活や礼儀作法、生活態度の改善など、日常生活を送る上で必要な要素を身につけられるということでした。
そろばんは計算や算数に役立つだけと考える親にとっては新たな事実であり、十分他の習い事と差別化できる情報です。
「そろばんは計算が早くなるだけじゃない」という事実と、それに驚く男の子の写真を大きく取り上げてインパクトのあるデザインにしました。

子供の頃の習い事と言えば、学習系や音楽系、スポーツ系など様々ありますが、電卓やパソコンが普及した現在でもそろばん教室は子供の習い事として残り続けています。
ダンスやプログラミング、英会話など、新たな習い事の選択肢が増える中でもそろばんが選ばれるのは、まさに計算力や算数の上達以外で効果や成長を感じているからだと思います。
一般的に、子どもの習い事や学習塾の大手は有名で名が通っているため、他社との差別化より実績を誇り、各教室共通の保守的なデザインで十分ですが、小規模の教室は上記のような新たな習い事にも対抗できる強い差別化の要素がなければ勝ち残れません。

そろばん教育が世間で見直され注目されているのは、そろばんが計算力以外の能力を身につけられ、特に高齢者にとっては脳の活性化に役立つなど、これまで知られてこなかった事実が次々と紹介され、証明され始めたからです。
依頼されたそろばん教室でも、これまでの実績や提唱するメソッドの紹介、実際の授業風景など、依頼者自らが様々なメディアに登場したり、そろばん教育を海外へ積極的に広める普及活動をするなど広告塔としても活躍されています。
このそろばん教育の持つ可能性が国内外に広く伝播され十分浸透すれば、幼少期の大切な時期における教育も見直されるかも知れません。

そろばん教室に通うのは子どもたちでも、習い事を一緒に選んだり月謝を支払うのは親なので、チラシの内容は子どもたちに向けた情報ではなく、大人を納得させるための情報が必要です。
幼児期や小学生は特に成長が著しく、習い事を選ぶ親も情報を慎重に比較検討するため、うわべや見た目だけ良い情報ではなく、根拠に基づいた信頼できる情報や印象に残るインパクトのある内容は必須だと感じています。
おそらくそろばん教室の周辺にある競合の習い事に対しても、少なからずインパクトを与えられたのではないでしょうか。

◎デザインを依頼された経緯とその目的 そろばん教室がある周辺には、直接・間接競合の習い事が多数あり、新たに生徒募集のチラシを作成する場合、そろばん教育の特徴を前面に打ち出しながらどのように差別化を図ればよいのか相談を受けました。

◎デザインするときにこだわった点 そろばんの最大の魅力は計算力が身につくことだと考えていましたが、実は計算が早くなる以外にも、集中力や記憶力、忍耐力、生活態度の改善など、日常生活で必要となる数々の要素が鍛えられる事実を知り、これは他の習い事との差別化に使えると考え、この新たな事実を知った驚きをキャッチコピーと写真で表現しました。

制作実績一覧に戻る

⇑TOP