チラシやパンフレットなど印刷物のデザイン制作はディーパーツ
078-393-1255

最小要素で最大の情報とインパクトを与えるデザイン

なぜこの要素が必要なのか?本来構成されたデザイン要素には理由があり、何となく付け加えることはない。情報を豊富に見せるために無駄な情報を加えると本来の目的は薄れ、情報が伝わりにくくなることがある。これからのデザインは最小要素で最大の情報を感じてもらえるデザイン。

デザインには簡単な表現こそが大切だと感じる瞬間

紙面を構成する全ての要素には理由が存在し、単純に空間を埋めるだけの要素は不要である。

よく「シンプルイズベスト」などといわれるが、デザインを始めた頃などは様々なフィルタを駆使していかにリッチな要素を創り上げるかを競っていた。しかし、少し前からパソコンのインターフェイスを始めWebデザインなどでも利用され、デザインの流行とも呼べる「フラットデザイン」がもてはやされているのは、不要な要素をそぎ落とすことで洗練された必要最小限の要素だけ残すという、今の時代に沿ったデザイン方法なのかも知れない。

以前にも書いたかもしれないが、紙面を有効に使いたいがために要素を詰め込みすぎたり装飾しすぎると、最も大切な要素がぼやけてしまい本末転倒になることがある。「寂しい」という理由だけで飾り罫を施したり、素材集から感じのいい写真やイラストなどを配すると、紙面上の隙間は埋まるかもしれないが、本来の意味や目的が変わるため必ずデザイン要素は理由付けする必要がある。

例えば、デザイナーではないクライアントの担当者がワードやエクセルで簡単なチラシのラフ案を作成してくることがある。デザインの知識や先入観もないため非常にシンプルで、不要な要素はほとんど使われていない。単純な文字要素から情報を仕分けし、必要なビジュアルや部品要素を追加していくが、何も要素を入れない箇所にも理由があり、理由付けできないものは不要と言える
これまでの経験上、本当に必要かどうか迷った場合は、ほとんどの場合「不要」だと判断して問題ない。賑やかに飾り付けられたチラシは情報量が豊富に感じられ人目について目立ちやすいが、少しでも簡単にできるのであれば情報の断捨離をすべきである。

少ない要素で最大限の情報を感じ取れる媒体のデザインこそ究極のデザイン

一瞬にして人を引きつけたり判断を迫られるものこそシンプルでなければならない。例えば交通標識や道路沿いの看板デザインなどがそれにあたる。街にある様々なピクトグラムは国際化が叫ばれ様々な国から来日する外国人にも簡単に理解できるものでなければならない。少ない要素で最大限の情報を伝えるデザインは難しいが、最高にクールでデザイナーが目指すデザインである。

内容次第では言葉ではなく紙の質感や厚さなどを感覚として表現する場合もある。消費者が感じ取れるのであれば紙以外の素材に印刷する表現でも良いかも知れない。つまり、究極的にはチラシという媒体そのものを通して理解するのではなく、内容を感じてもらえることこそ大切であり、その要素は最小限であることが望ましい。

一覧ページに戻る

PAGE TOP