デザインの作成は神戸のディーパーツ
078-393-1255

情報のやり取りは常にダイレクトに責任を持って行う

子供の頃には感じなかった伝言ゲームの教訓が大人になってから分かりはじめた。情報の伝達はシンプルかつダイレクトに。伝える人間の数が増えるほど正確性を欠き、本来の意味を失いはじめる。仕事を受ける際にはトラブルを避けるために確認が必要だ。

子供の頃に自然と身についた教訓が今に活きていると気付くことがある。

小学生の頃レクリエーションなどで経験したことがある「伝言ゲーム」。前の席から順に後ろへ言葉を伝え、最後列の人がその答えを発表する単純なゲームだ。
キーワードが長くなるに従い、たいてい一言一句間違わず伝わることは少なく、途中で誰かが聞き間違えたり伝え間違える。子供のころ経験したこのゲームが気付かないうちに大人になった今役立っていることに気付いた。


伝言ゲームの教訓は、長い情報を正確に伝える難しさや橋渡しする人間が多ければミスする可能性が高まるということ。
仕事上においても勘違いや行き違い、間違って情報を理解することは多い。こと間に存在する人間が多ければ尚更である。

それでは、出来るだけ正しい情報を正確に届けるためにはどうすれば良いのだろう?

仕事を問題なく進めるためには、間に入る人間の数を少なくしダイレクトな情報のやり取りを心掛ける。

デザインの依頼を受けると打ち合わせのために担当者へ出向くことが多い。打ち合わせする
担当者がデザインの決定権がある場合は問題ないが、
たまに仲介する業者や違う部署の人と情報を共有する場合は多少注意が必要となる。

「デザインに関しては私が判断できるが、費用などは別の人間が…」
あるいは、全ての情報を一度仲介の業者に流す必要があるケースなどはそう珍しくない。
結論から言えば、仲介する人の数が多ければ多いほど間違う機会が増える。最も良い方法は直接の担当者と制作者だけで仕事を進めることが望ましい。それは、仲介する人が担当者や制作者と同じ知識や情報を持ち合わしているかどうか判断が難しいから。いくらコミュニケーションを密にしても、間に入る人間の数は極力少ない方が物事はスムーズに進む。

一覧ページに戻る

PAGE TOP