神戸・大阪でチラシ作成のデザインをお手伝いするディーパーツ
078-393-1255

オーダーメイドのデザインに「とりあえず」はない

Web上にデザインコンペサイトがあるためか、とりあえずデザインを見てから制作依頼するかどうかを決めたいという依頼者がいる。
お店に入って、とりあえず作ってもらってから注文するかどうか決めたいと言うのと同じに聞こえる。
コンペでも受注案件でも注ぐ作業量やかける時間はどれも同じである。
簡単な手描きのラフ案でも構わないと言うが、簡単なラフで何が伝わり判断できるのだろう?
同じ作るのであれば中途半端なものは作れない。
デザインの進め方や考え方はデザイナーにより違い、それでも引き受けるというデザイナーも多いだろう。

すべてのデザインはそれぞれの依頼者に合わせた完全オーダーメイド

デザインの仕事は一般職と少し違うようで、なかなか理解してもらえない事柄が多い。
デザインは、お店で売られている既成品にオプションを付けて販売する類とは違い、依頼者と打ち合わせで得た情報をもとに作成する完全オーダーメイド商品であると考えている。
例えばお店を訪れてショーケースの気になる商品を店員に見せてもらい、気に入らずにすぐ返しても文句は言われないだろうが、デザインには考えたり制作時間が必要なため、作成後すぐキャンセルされるのは問題がある

依頼者は自分の意図するデザインができるか不安だろうが、デザイナーは「もし気に入らなければキャンセルされるかもしれない」という不安を抱えながら制作しなければならないのだ。
まだ駆け出しのデザイナーであれば自分を試す意味や経験値を上げる意味で割り切って挑戦するかもしれないが、実際の作業内容や時間を考えればそう簡単な問題ではない。

手描きのラフや簡単な配置図は依頼者にとって不親切

「手描きのラフスケッチや要素の簡単な配置図でもいいですよ」
依頼者はどの程度を期待しているかわからないが、素人の方が手描きのラフや要素の配置図でデザイン全体を判断できるとは思えない。
それは、代理店の担当者やデザイナーに提出して判断してもらうもので、依頼者に示すには非常に不親切に感じる。

提出するラフ案に関しては常に完成形に近い形で提出している。
ひとつは上記のように依頼者の判断材料として手描きでは不親切であるということと、提出用に簡単なラフを作成しても、印刷用に再度作り変える手間を省きたい理由がある。
結局は依頼者にとって良し悪しをすぐ判断できる上に、その後の作業は簡単な修正だけで印刷できるため工期が短くて済むメリットがある。

たとえコンペでも内容を考えてまとめ直し紙面に落とし込む作業は変わらない

登録しているデザイナーからデザインを集める有名なデザインコンペサイトがある。
通常コンペでは一定の条件と金額を提示され、その内容に即したデザインを提示すればその中から依頼者が気に入ったものを選ぶことになり、選ばれなかった場合は通常無報酬である。

依頼者から提供された文字や写真データを適当に並べるだけの作業ではなく、依頼内容について調べたりじっくり考えてまとめ直すなど、非常に骨の折れる作業は通常と同じだ。
コンペだからと手を抜くことはないし、どの仕事でも同様のプロセスで進める。
数回参加していまだ選ばれたことはないが、かけた時間などを考えると無報酬というのは割に合わない。
まずは見てから判断したいという依頼者の事情も理解できるが、すべての仕事に対して時間や労力が必要なことは理解してもらいたい。

一覧ページに戻る

PAGE TOP