チラシやパンフレットなど印刷物のデザイン制作はディーパーツ
078-393-1255

オーダーメイドのデザインに取りあえずはない

コンペという形式があることで、「取りあえず」という言葉に違和感を感じないのかも知れない。コンペでも受注案件でも注ぐ作業量は同量で、掛かる時間も同じ。デザインの作業に対する仕事の進め方や考え方はデザイナーにより様々でも、「取りあえず」はない。

1から作るデザインは、全てを依頼者に合わせた完全なオーダーメイドとして作られている。

自分自身の中で少し納得することができない内容の問い合わせが時折あり、どのように対処すべきなのか判断するのが難しく感じている。「まずデザインしてもらってから発注するかどうか判断させてもらいたい。」というものだ。デザイナーによっては違和感なく即対応する人も存在するだろうが、レストランに入って「まずディナーを作ってもらって、食べて美味しければお金を払います。」そう言われてるような気持ちになる。

つまり、少しでも依頼者の意図にそぐわなければキャンセルしても問題ないという条件を作られ、受注できるかどうか分からない状態で制作しなければならない。コンペだと考えれば納得できるのかも知れないが、依頼内容や状況によってはコンペと割り切ることが難しい。
まず理解してもらいたいことは、デザインは全てがオーダーメイドであり、大量生産された既製品を使い気に入らないから返品する類とは違うということ。

提示してもらうのは、簡単なラフで構わないからにも対応が難しい。

「手描きのラフスケッチやデザインの構成図程度でも見せてもらえると….」というリクエストに対しても対応が難しい。例えばそれを提示して、依頼者がどこまで理解してイメージに合っているのか判断できるかわからないから。しかも、その程度のものを提示することは不親切であり、実際の仕上がりとはほど遠い可能性が高い。通常はほぼ完成形に近い状態で見せて安心・納得させるようにしている。
恐らく依頼者がこのように言うのは、最終段階まで進めると料金が発生するが簡単なラフを提出する程度なら安く済むだろう、という意図が見て取れる。

例えコンペでも、内容を熟考してまとめ直し紙面に落とし込む作業は変わらない。

ネット上にはコンペを主体としたデザイナーからデザインを集めるサイトがある。通常コンペでは一定の条件と金額を提示され、内容に即したデザインを提示すれば、その中から依頼者が気に入ったものを選ぶことになる。選ばれなかった場合は無報酬が普通で、よっぽど暇があるときにしか参加はしない。

デザインは提供されたデータの内容を適当に並べるだけの作業ではなく、依頼内容を調べたりじっくり考えてまとめ直すなど非常に時間がかかり骨の折れる作業だ。コンペだからと手を抜くことはないし、どの仕事でも同様の課程を踏んで作成している。通常受注した作業量と同じだけ力を入れても無報酬となれば…
まずデザインを見てから判断したいという言葉を簡単に引き受けられる度量の大きさにはまだなれていない。

一覧ページに戻る

PAGE TOP