デザインの作成は神戸のディーパーツ

考えることに集中できる場所は将来の財産となる

本当に集中したいときはどうするだろう?模様替えや掃除をするのも一つだろうが、基本的には目に見えるものや景色は変わらない。通常、人の集中力は続かないもので、環境を大きく変えなければ難しい。自分だけの集中できる場所を見付けておくことは重要な局面で力を発揮する。

デザインするには集中できる場所が必要

仕事は必ず事務所でやらなければならない、という考え方が集中力の欠如と非効率を生む。

集中できる場所は人それぞれ違い、ひとところに同じようにいると、マンネリ化して効率が悪くなることがある。
机の上や周辺のレイアウト変更や片付けなどにより、気分転換を図ることも考えられるが、
実際には環境が変わったのではなく、元あったものを移動させたに過ぎない。

営業は外に出て様々な場所へ移動したり環境の変化をつけやすいが、
室内で一日中パソコンの前にいるとうまく気分を調整することが難しくなる。
パソコンでデザインをする以外、打ち合わせの資料をまとめたい時や全体の構想を練りたい時、
文章を考えたい時など、集中の中にも様々なカテゴリが存在し、力加減が多少違う。そういう時、気分を変えるための作業場を近場で見つけておくことは非常に大切なことだ。

集中できる場所は人気の少ない場所に限らず、ほどよく人の声が聞こえるような場所の場合もある。

その昔、大阪まで通勤しているとき、わざわざ普通電車に揺られながら長時間かけて帰宅したり、
集中できる場所や時間を電車内で作っていたが、最近ではオープンな公共スペースや
図書館、大型ショッピング施設の待合場所など、見つけようと思えば自分に合う雰囲気の場所が多くあることに気付く。

せっかく場所を見付けても、しっかり集中できたり自分の「ゾーン」として
受け入れられるかが重要である。しかし、自分のゾーンにハマリさえすれば公園のベンチやロータリーのベンチなどでも構わない。
静かで落ち着ける場所だけが落ち着けるのではなく、図書館や人通りがあるショッピングモールにあるベンチでもほどよく集中できる場合がある。
本当に良い仕事をしようとするにはじっとその場で考え込むより、歩いて移動したりすることで
新たな刺激が生じてよい発想やデザインが生まれると考えている。

一覧ページに戻る

PAGE TOP