ディーパーツ
連絡先:078-393-1255
はじめての方の仕事依頼はデザイン依頼フォームから。
私が電話でのデザイン依頼をお断りする理由

依頼者にも最低限のマナーやモラルは存在する

ビジネスでは少しの機会損失もないように、電話やFAX、メール、Webフォームなどあらゆる手段で問い合わせに対応するのが普通の考え方なのかもしれないが、それぞれに一長一短があり単純に受付窓口を広げればいいというものでもなさそうだ。
中でも電話は自分の名前を伏せたまま聞きたいことだけ聞けるため、問い合わせの中でも最も簡単で利用者にとっては非常に都合のよいツールだが、単純ゆえにトラブルも多く連絡の行き違いや言った言わないになることも多い。
一方メールやフォームは入力する手間がかかる反面、記録が残るためトラブルの原因がわかり、忙しく即対応できない場合でも時間の空いた時に対応ができ、依頼者も自分の希望や詳細を伝えることができる。
初めて問い合わせてくる依頼者の大半はデザインの依頼方法がわからず、「で、どうしたらいいですか?」と尋ねられることが多く、デザインの作業で忙しい時にはいちから対応することが難しい。
デザインはほぼ全てがオーダーメイドのため、特に仕事の依頼に関してはメールやフォームで依頼を受けるほうが概要がわかり進めやすい。

電話によるデザインの依頼に不都合を感じ始めた

仕事はできるだけ断りたくない。
デザイン業界に限らず誰もがそう思いながら仕事をしているし、依頼されることは常に光栄に感じており非常にありがたいことである。

電話で応対する場合、限られた時間の中で言いたいことや聞きたいこと全てが整うことはない。
それは冒頭で触れたとおり、デザインはほとんどすべてがオーダーメイドのため、依頼者によって話や伝える内容も異なるからだ。
結局はメールにより詳細を送ってもらうことも多く、作業が冗長で二度手間となる。

正直失礼な電話も多かった。
名前を伏せたまま「チラシ作って欲しいけど、どうしたらいい?」とだけ唐突に言われ、こちらからすれば何を聞きたいのかさっぱりわからいということも多い。
また、連絡してくださいとお願いしたきりの人やメールの送付依頼に一切応じない人など、電話連絡の気軽さゆえに雑な対応の人が目立つようになってきたのは事実である。

本気で物事を検討している人は物事を邪魔くさがらず内容をしっかりと読み解く

チラシをデザインする上で実際聞いた話として、学習塾や不動産選びなど本気で物事を選ぶ人は、内容をしっかりと読み込み他社と見比べながらじっくりと考えてから選ぶという。
デザインで、文字主体の広告はあまり読んでもらえないのではないだろうか?と思いがちだが、実は本気で塾や家を選ぼうとする消費者は邪魔くさがらずに内容を見るため、写真を大きく扱った見栄えだけよい広告より文字情報が充実した広告を好むらしい。
つまり、本当にそれが必要だと感じればしっかりと内容に目を通し、理解したうえでその方法に従うということだろう。

だから、もし本気で仕事の依頼を検討している人であれば、メールやフォームの文字入力を邪魔くさがることはないだろうと判断している。
それは、本当に問い合わせやデザインの依頼をしたいからにほかならないから。

「いつでもどこでも誰の挑戦でも受ける」という気持ちも大切にしたいが、あまりにも志の低い人や思慮の浅い人からの依頼を受けると、経験上往々にしてトラブルになることが多いため、事前に区別したいという気持ちもある。

メールやフォームの文字情報には多くのメリットが存在する

冒頭でも触れたように、電話は名前や連絡先を伏せたまま聞きたい内容だけ聞いて切るような気軽さはあるが、問い合わせや依頼に対しての本気度や、本当にデザインを必要としている人なのかわかりづらい
その反面、時間を使ってまで文字を入力するメールやフォームであれば、電話連絡以上にデザインを必要としていると判断できる、緊張で言いそびれたり聞きそびれたりする心配もなく、伝えたいことや聞きたいことをじっくり入力できるため、無駄なやり取りに時間を取られずに済む。

その他に重要なことは、費用や作業上のトラブルが生じても文字として証拠が残るため、言った言わないの問題が起こりにくいというメリットがある。
最初に電話連絡を気軽に受けるより、メールやフォームのほうが遥かに本気度を感じるし、質の高い依頼を受けられるように感じている。

広告はビジネス上の問題を解決する手段の一つ

広告は目の前にある問題を解決するための一つの手段である。
例えば店舗がビルの2階にあり、分かりづらいので入口に看板を設置したり、近所の住民にだけ来店を促すために、ポスティングや手配りのチラシを作るとする。
これらは消費者や利用者への配慮であると同時に、後々売り上げや認知につながる大切な役割である。
これらの場合、店舗がわかりづらいのでどうすべきか?売り上げにつなげるにはどうすべきか?という問題を看板やチラシで解決しようと試みている。
当然この他にもネットや口コミなど様々な解決に導く方法は存在するし、その選択は問題を抱えている当事者がすればいい。

つまり、ビジネス上の問題はその当事者が主体性を持って、解決するための方法を適切に選び、自分の右腕となって動いてくれる人材を確保し、自らの理想や問題点を伝えながら共に解決していくもので、問題の核となる部分を単純に人に託して解決してもらうものではない。
それは、問題解決を望んでいるのが依頼者自身であって、依頼を受けたデザイナーではないからに他ならない。

時折「他社のチラシの内容をほぼそのまま使って、名前と連絡先だけ変更して作成してほしい」と依頼を受ける。
あまりにも考えが浅く本気で目の前の問題と対峙しておらず、それでうまくいくわけはないので、この類の仕事は一切引き受けないし面白みも感じない。
細かいことを言えば、事業形態や事業内容はそれぞれ違うのが当然で、仮に独自の特色も持たず全く同じ内容の事業をしているのであれば、消費者が魅力を感じてくれるだろうか?

「それはデザイナーが考えてくれることじゃないの?」そういう声も聞こえてきそうだが、残念ながら事業の核となる部分や商品・サービスの方向性についてどうしたいのかなどは、我々デザイナーが考えることではなく、相談を受けることです自分自身の事業内容に最も詳しいのは依頼者自身だということを、まずは理解してもらいたい。
まずは目の前にある問題を自分ならどうしたいかじっくり考えて、自分で解決できそうなら自分で解決し、まとめられそうもなければデザイナーに相談して一緒に解決を目指すのが正しい手順。
すべてをデザイナーに考えを委ねれば、それはデザイナーが作り出す虚構の世界に過ぎない。

一覧ページに戻る

⇑TOP

twitter facebook hatena pocket