デザインの作成は神戸のディーパーツ

デザイン業界は残業・徹夜が当たり前は古い定説か

デザイン業界の働き方の見直しが叫ばれている昨今、目立つ大企業に比べて下請けの中小零細や個人事業などは、同様に残業を減らせているのだろうか?残業や徹夜が当たり前であった頃と違い仕事量自体も減少し、この定説も消えつつあるのかも知れない。

デザイン業界は残業が当たり前という定説

自然とカラダの中に植え付けられてきた、デザイン業界は残業・徹夜が当然という感覚。

阪神淡路大震災後の復興時期にデザイン業界に初めて関わることになった。その当時は印刷物も現在より多く、デザイン・製版・印刷業界においては今以上に仕事が多かった。初めて関わった業界で、右も左もわからず毎日残業する日々で、大して問題にも感じていなかった。特に入稿直前は差し替え用の写真データが夜中に届くこともあり、入稿が明け方になることも。ひどいときには数日間徹夜で会社に寝泊まりという話も耳にした。

初めて働くこともあり、デザイン業界というのは毎日夜遅くなることが当然だと感じていた。その後も同じ業界を経験したが、残業がない企業はなかった。

変えがたい業界基準のひずみが、当たり前だという恐ろしい思い込みを生んだ。

恐らく、業界の長い歴史の中で、通常業務のように無理な依頼を受け続けてきた結果なのだろう。しかしその裏には、一度断ると二度と依頼されないのではという、下請けとしての恐怖感が必ずあるはずだ。一度引き受けて引いてしまった基準線を変えることは簡単なことではない。

残業・徹夜の考え方に違和感を感じたのはその数年後、大阪のとあるデザイン事務所へ面接に行った際掛けられた、ある言葉だった。席に座り履歴書などを提出し、話すうちに趣味の話となった。当時はスクーバダイビングをし、年末などによく潜りに行くと話すと、「毎日遅くまで仕事があるから、そんなもの行く暇なんてないよ!」と素っ気なく言われた。毎日遅いことが大前提で、休日すら取ることができないという、業界の悪しき慣習なのだと改めて感じた瞬間だった。

なにも業界人だけがこの慣習を助長しているわけではない。チラシを作成するデザイナーの力量や時間の使い方にも確かに問題はある。例えばチラシひとつデザインするにも、アイデアがすぐ思いつき半日程度で仕上がる案件もあれば、一日かかっても何も出てこないという案件すらある。その上パソコンによる作業中に、保存していない状況で突然ハングアップすることも考えられる。デザイナーの不注意とはいえ、限られた時間で再度同様の作業をして仕上げるには、どうしても夜中までの作業になってしまう。

また、全ての作業を人間のチカラだけで完成させるのではなく、パソコンをはじめ人間以外の機械に任せれば不具合や故障も起こりうる。デザインや印刷業界に限らず、期限を決められた仕事であればある程度の残業はやむを得ないと感じることもある。

人の命と引き替えにようやく業界内の働き方が問題視されたのは、遅すぎた感が否めない。

業界大手の企業において問題が発覚し、ようやく国が動き始めたのは遅すぎた。業界問わず、これまでも同様につらい業務で命を絶ったケースはありながら、ずっと先延ばしにされてきた。今後どのように変わっていけるのかが焦点となってくるだろう。

フリーランスや小規模のデザイナーは、さほど時間に縛られることも少ないだろうが、まだ問題がくすぶる広告関係の企業は今でも残業続きなのだろうか?
以前、あまりにも毎日帰りが遅い子供を見かねた親が、デザイナーの仕事を辞めさせて公務員にさせた事もあった。会社によっても収入や時間が不安定なデザイン業より、比較的安定した公務員を薦めるのは、親として当然の選択だろう。

一覧ページに戻る

PAGE TOP