Voice

デザイナーの理想と現実

経験から捉えた自分なりのデザインに対する見解や考え方

万物は時間の経過と共にカタチを変え、時代と共に移り変わっていく。
同じように、デザインや仕事への想い・考え方も様々な経験を通して変化を遂げてきた。
これまで携わってきたデザインという仕事で感じた人間関係や考え方、タブー、仕事にどう望むべきかなどを書き綴っています。

デザインの依頼者であっても事前研究と内容把握は必要

デザインの依頼者も、理想のデザインを求めるためには様々に検索し研究するという、理想を探す努力が必要である。

デザインの依頼者であっても事前研究と内容把握は必要

デザインの作成は依頼者の目的意識こそが重要

デザイナーは依頼者の考えや思いを代弁するだけの存在で、デザインの主導権は常に依頼者が握りデザイナーを動かす。

デザインの作成は依頼者の目的意識こそが重要

私が電話でのデザイン依頼をお断りする理由

お問い合わせやデザインの依頼を電話で受けるより、メールやフォームを通じて受けるほうが依頼者の高い本気度を感じる。

私が電話でのデザイン依頼をお断りする理由

組織と個人の仕事に対する考え方の違い

組織に属するデザイナーと個人のデザイナーでは仕事に対するアプローチの仕方が異なる。儲けを取るのか質を取るか。

組織と個人の仕事に対する考え方の違い

デザインで問題解決するための3つのヒント

消費者の心をつかむ効果的なデザインの考え方や細かいコツは色々あるが、デザイナーに依頼する場合デザインの3つのコツがある。

デザインで問題解決するための3つのヒント

お金を払いデザインを依頼する価値は?

資料やチラシを社員自らがデザインするような時代に、お金を払ってデザインしてもらうのはどんな時だろう?

お金を払いデザインを依頼する価値は?

特徴を考えた効果的なチラシの作り方

チラシの特徴や利用される状況などから、どんな場面にどのようなデザインのチラシが適しているのかなど、デザインのコツを考察。

特徴を考えた効果的なチラシの作り方

クライアントとの理想の付き合い方

信頼関係を十分に築けていない段階では納得できるデザインは難しい。つまり1度きりより長い付き合いこそ良いデザインを生む。

クライアントとの理想の付き合い方

デザイナーとしての物事やアイデアの捉え方

社内デザイナーだった頃とフリーランスの今とでは、デザインや物事の捉え方、考え方に大きな違いを感じる。その違いとは?

デザイナーとしての物事やアイデアの捉え方

万民受けするデザインは意味があるのか

みんなに「いい顔」をするために作るデザインは的を射ず、ぼやけたものが多い。特定の層に情報を届けるのがデザインの本質だ。

万民受けするデザインは意味があるのか

依頼者や担当者が「仲介」の立場なら要注意

これまで多くのトラブルの原因は、直接仕事の担当者ではなく「仲介」という立場の人と情報のやり取りをしたことによるもの。

依頼者や担当者が「仲介」の立場なら要注意

ビジネスで「全くわからないので…」は禁句

「知らない」は逃げ言葉だが、ビジネスの世界においては他人をゲンナリさせ、最悪の場合信頼を失いかねない言葉である。

ビジネスで「全くわからないので…」は禁句

売上や業績向上を第一に考えたデザイン

印刷物が減少している中、消費者のモチベーションにつなげ、依頼者の売上や業績向上を考えたデザインはプロに課せられた使命。

売上や業績向上を第一に考えたデザイン

デザイン業界は残業が当たり前という定説

今から20年ほど前は定説であった、デザイン業界の残業・徹夜当然説。世間的にも問題の多いこの業界のそれからは。

デザイン業界は残業が当たり前という定説

「あはき法」という時代遅れな法律の壁

あ・は・きに関する業種は法律で広告活動が規制されている。あまりにも極端な広告内容に多少の疑問を感じている。

「あはき法」という時代遅れな法律の壁

⇑TOP