お客様の代弁者、最大の「縁の下の力持ち」となる

「伝えたいけど上手く伝えられない」を代弁したチラシデザインを作成

新規事業の立ち上げやデザインの見直しなどでどうしてもチラシを作る必要がある、自分でデザインできればいいけど難しそうだし頼んだ方が早そう。でも、どんなものにすればいいのか上手く表現できない。
特に初めてチラシを作成する場合は「わからないことがわからない」という人が多いでしょう。デザイナーは単純に情報を紙の上に並べるだけの仕事ではなく、お客様の伝えたい内容を代弁し「伝える」を「伝わる」に変える仕事です。だから、お客様のやる気も大切な要素です。表現したいというその思いや熱がデザイナーに伝われば、様々なアイデアや言葉が生まれ、結果的に効果が望めるチラシのデザインになります。
ディーパーツはチラシをデザインするように無理強いはしません。全ての選択権はデザインを依頼されるお客様にあるからです。また、依頼されたデザインの仕事はアウトソーシングなどせず、100%自分自身で作成しています。頭を悩ませて、ひとつ一つのデザインに思いを込めて作成するため、非常に効率は悪いですが、納得してもらえるようなチラシデザインに仕上げている自負はあります。
これから、その思いのこもったチラシデザインを紹介します。

伝え方を考えたデザイン例

事実への驚きを表現したそろばん教室のチラシ

知られていない事実をインパクトのある写真と文字で表現/チラシデザイン

そろばん教室のチラシをデザインする前提として、周辺の習い事と差別化出来る内容とインパクトのあるチラシを作成してもらいたいという依頼。
習い事を選ぶのは子供たち。でも、最後にお金を出すのは親の役割。今回対象の小学校低学年を持つ親は当時そろばんを習っていた世代で、自分も含めほとんどの人が、そろばんを古くさく計算以外に役立たないと思っているはず。しかし、打ち合わせで話を聞くと、集中力や忍耐力など人間の基礎となる力が養えるという事実を知る。この広く知られていない事実をインパクトのある写真と文章で表現できれば、差別化しながらインパクトも出せると思い、驚いた子供の写真と断ち切れるほど大きな文字と傾きでチラシをデザイン。

伝え方を考えたデザイン例

抽象的で分かりにくい人材開発の内容をまとめた三つ折りパンフレット

伝わりにくさを感じる抽象的な内容を独自に分割・統合/三つ折りパンフレットデザイン

「主にセミナーなどを通して優秀な人材を開発する」抽象的で分かりづらい内容。まずは様々な資料や打ち合わせで話を聞き、どのような情報があれば興味を示すかをセミナー受講者の立場に立って情報を分類して書き出す。情報を書き出してまとめ直て統合する手法やユーザーの立場で考えることは大切。
三つ折りパンフレットの醍醐味は、チラシでは不可能な展開が望めるデザイン構成。パンフレットの表紙を開けるワクワク感を感じてもらえるように、開いたページに最も伝えたい重要な内容を配し次に繋げる。そして、全体的な統一感や内容のまとまりなども、三つ折りリーフレットをデザインする大切な要素。

チラシデザインで情報を的確にお客様目線で届けている実績サンプル例

英会話サマースクールのチラシ

大人のそろばん教室チラシデザイン

視覚障がい者のための楽譜作成ソフトのチラシ表面

接骨院のリーフレット

公立高校受験の学習塾ポスター

チラシをデザインする以外にも二つ折り・三つ折りパンフレットなど、様々な広告を作成します。良いデザインは、伝えたい情報をしっかりとまとめ、伝えたい人へ的確に届けられるかどうかです。キレイでカッコイイだけではデザインとは言えませんので、あくまで内容重視のチラシデザインを心がけています(印刷見積もり無料)。これまでの実績デザイン例を見て実感してください。

>>これまでデザインした実績サンプル例を是非ご覧ください。

デザイン料金は用紙サイズが大きくなれば高くなる設定

参考料金

A4サイズのデザイン料金は両面で40,000円です。デザインを依頼される用途は、主にDMやポスティングが多く、折り込みチラシは非常に少なくなりました。デザイン料金の内容は、打ち合わせからデザイン(修正費込)までの料金で、大幅な変更がない限りこの料金です。チラシデザインの依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください。

>>チラシのデザイン料金に関しては、こちらからご確認ください。

打ち合わせからデザイン作成・印刷までトータルに依頼可能

チラシデザインの流れ

初めてチラシのデザインを依頼する場合、何をどうすれば良いのかわからず分からないことが分からない状態だと思います。最初の連絡では簡単な内容の確認と見積もりをします。知らない間に勝手に依頼を進められてるということは絶対にありません。デザインの作成にかかる目安は1週間です。印刷は通常ネット印刷で印刷し、直接納品します。もちろんデータをお渡しすることもできます。

>>お問い合わせからデザイン・納品までチラシデザインの流れをご確認ください。

初めてチラシ作成を依頼するという方は、必ずお読みください!

デザインを依頼されると様々な疑問や質問があります。最も多いのはもちろん費用や工期に関する普通の内容なのですが....実際にあった質問はデザインの問い合わせでよくある質問としてまとめていますので、一度ご覧ください。お問い合わせでよくある代表的な質問4つをこれからご紹介します。

1.チラシ作成を依頼するにはどのくらいの費用が掛かるのですか?
A4サイズのチラシをデザインする費用は片面20,000円両面40,000円(税別)で、印刷まで必要な場合はネット印刷(グラフィックやプリントパックなど)を利用するか、取引先の印刷会社に依頼します。
詳しいデザインの料金は、こちらからご確認ください。/a>
2.問い合わせをしたら次に何をすればいいのですか?
問い合わせがデザインの依頼になるなど、勝手にデザイン作業は進めません。初回の問い合わせでは、簡単な内容の確認や見積もりをする時間(見積もり無料)で、質問があれば不安がなくなるまでしてください。お互いが納得の上で正式受注(キャンセルOK)となり、具体的な内容は正式受注後の打ち合わせで行います。
その他チラシデザインの作成でよくある質問
3.デザインをお願いしたら、何日くらいかかりますか?
打ち合わせをしてから資料や情報をまとめ直してデザインをします。通常3日か4日、長くても1週間程度でラフを提出します。(混み具合による)
詳しいチラシデザインの流れは、
チラシデザインの流れを参照
4.イメージ通りに作ってもらえるか不安なのですが...
まず安心して依頼できそうか、デザインの実績サンプルをご覧ください。依頼者の伝えたい内容をくみ取ってデザインをしますが、あくまで依頼者の代弁者として想いをカタチにする作業ですので、「情報を届けたい」という依頼者の強い思いは非常に大切ですので、打ち合わせ等では積極的な情報提供が必要です。
デザイン実績サンプルを見る

チラシデザインを作成する時の揺るぎない普遍的な理想の考え方

チラシのデザインを通して「お客様と共に成長する」をコンセプトに

フリーランスとして事業を始めた2004年から、チラシをデザインすることで「お客様の想い描くビジネスの理想に少しでも近づけられれば、それが同時に自分の成長にもつながる」そう信じて今も制作活動を続けています。デザインを作成することで得られる利益や経験は、自らの生活や実績に直結しますが、先ずはお客様の想いを具現化し、売上や業績向上の一助になることを第一に考えています。

そして「情報を伝える」ことと真摯に向き合い、常にお客様目線での考え方を意識しています。お客様はチラシの美しさ以上に内容を見ているので、見た目以上に内容が大切です。
例えばビジュアルが美しい不動産のチラシより、地域の担当者がガッツポーズしているチラシの方が売上に繋がるケースがあります。デザイナーは、受けが良いだけではなく見るお客様のベネフィットを意識しなければなりません。

「情報を特定の相手に的確に伝える」ことがデザインだと考えています。常にターゲットとなる顧客層に向けて情報を的確に届ける努力をし、その届ける媒体として、チラシなのかパンフレットなのかかを判断し、その手法として折り込みかポスティングかなどを検討します。これら全ての考え方や行為をまとめて「デザイン」することだと考えています。

チラシの作成とパンフレットデザイン
D-parts(ディーパーツ)
〒650-0024
神戸市中央区海岸通3-1-1
tel & fax/078-393-1255

■主な対応地域
神戸市:西区・垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区
また、姫路や明石、大阪まで京阪神を中心に対応しております。