ディーパーツ
連絡先:078-393-1255
はじめての方の仕事依頼はデザイン依頼フォームから。

不合格者数を目立たせて学生に危機意識を感じさせる学習塾のチラシ

不合格者数に注目した学習塾の生徒募集チラシ 不合格者数に注目した学習塾の生徒募集チラシ

一般的な学習塾のチラシによくある謳い文句は、「高い合格者数」や「優秀な講師陣」などポジティブな言葉が並ぶのが普通です。

ここに任せれば大丈夫、そう思わせるためには当然なのかも知れません。

少子高齢化により子供の数は減り、学習塾も生徒の確保に躍起となっています。

学習塾のチラシはなぜかすべて同じに見え、割と保守的で面白さや差別化を明確に図っている学習塾は少なく感じます。

今回はそのような一般化された学習塾の広告に一石を投じるようなデザインの依頼がありました。

学習塾側から提案があったのは、「不合格者数」を大きく謳った広告を作りたいというものでした。

この思いつきは教育の環境に身を置く塾講師だから思いつく発想だと感じました。

デザイナーとしては学習塾のチラシでネガティブな内容は好ましくないと感じてしまいますが、塾に通う学生や父兄にとっては「より勉強をしなければいけない」という注意喚起になるかも知れません。

「授業を真剣に聞く学生の写真」や「授業中に笑顔で手を挙げている写真」などは学習塾のチラシで当たり前のように目にする写真ですが、恐らく消費者に安心感や誠実さを伝えたいのだと思います。

今回の学習塾のチラシで男子学生が頭を抱えて悩む写真を使っているのは、万民受けするような平たく起伏のない情報を提供するのではなく、緊張感や危機感を煽るようなインパクトを与えたかったからです。

学習塾に限らず様々な業種の広告物が同じイメージや体裁に見えるのは、その形が最も効果的だからなのかも知れません。

例えば新築マンションのチラシが室内や外観写真で一面を覆っていたり、健康食品や美容関係の折込チラシが横長仕様で、中央に商品がポツンと配置されていたり、生徒が手を挙げている学習塾のチラシも同様です。

消費者のイメージに定着させたり印象づける目的もあるでしょうが、他との差別化やインパクトを与えたいなら、その常識を壊すことも必要だと思います。


◎デザインに至った経緯と目的
いつも作っているチラシでは望んでいる集客が得られないため、何かひとつでも衝撃を与え、他の学習塾と差別化できるような内容のチラシにしたいということで、不合格者数を目立たせてチラシをデザインしてもらいたいと依頼されました。


◎デザインするときにこだわった点
不合格者数と頭を抱えて悩む生徒の写真を提供され、さてどのように表現するか?
合格者もそれなりにある反面、実は不合格者数の数は驚くほど多いため、それを受けてショックを受ける子供の写真は大きく扱いながら、生徒数は大きくその他の文章とまとめて、全体を右上がりに勢いをつけました。

制作実績一覧に戻る

⇑TOP

twitter facebook hatena pocket