連絡先:078-393-1255
はじめての方の仕事依頼はデザイン依頼フォームから。

建物の形状を真似たいびつなリニューアルのリーフレット

建物の形状を模した特徴的なリーフレット

建物の形状を模した特徴的なリーフレット

建物の形状を模した特徴的なリーフレット

■広告のタイトル:神戸海洋博物館のリニューアルリーフレット 
■広告のサイズ170×120mm,変形,巻き3つ折り

広告を手に取った理由:建物がひと目で分かるインパクトのある形状

広告で参考になったデザイン要素:デザインに対する新たな挑戦の気持ちと情報のレイアウト

■この広告の内容やデザインに関するお話

印刷物の量が多かった頃は、様々な形状のパンフレットやリーフレットを見る機会も多く、デザインの参考にするため持ち帰ることもしばしばあったが、近年では費用対効果を考えてコスト高の販促品は作らなくなった。
デザイン面においても、いびつな形状の紙面はレイアウトしづらく、構成する要素のバランスも非常に難しくなるため、まとめる技術や見せ方のテクニックが必要となる。

さて、神戸に興味がある人であれば一度は目にしたことがあるはずであろう「神戸海洋博物館」の特徴的な形状をした建物。
使い古された言葉で言えば、まさに「インスタ映え」する建物でもあり、隣接するポートタワーとともに写真に収まることが多い建物で、港神戸の象徴の一つである。

新たに作成されたこのリーフレットは、その建物の形状を模しており、神戸港の開港150年にあわせた館内リニューアルに伴い作成されたと思われる。

デザイナーとしてこのリーフレットを見て最初に思うことは、いびつな形をしたこのリーフレットに、文字や写真をどのようにバランスよく配置しているのか、ということだった。
主に館内の写真と説明文章により館内ブースを紹介しているのだが、やはりいびつな形状ゆえ、尖った部分などには屋根の形状に似た文様をあしらうことでスペースを使用していた。

たとえ新規店舗のオープンやリニューアルで興味深い企画を立てても、料金面で折り合わず企画倒れになる事が多い中、館内リニューアルとともに建物の形状をしたインパクトのあるリーフレットを作成した、その挑戦を高く評価したい。

気になる広告をレビュー一覧に戻る

⇑TOP