Opinion

デザイン資料集

超厚紙を利用した板のような横長の広告物

超厚紙を利用した板のような横長の広告物

■資料名→ サラ・ジー展開催のお知らせ 
■サイズ→ 235×90mm

広告を手に取った理由:必要以上に厚い紙に施されたエンボス処理

広告で参考になったデザイン要素:必要最小限の要素で充分な空間を利用

■広告の特徴と学んだことは?

アメリカの現代美術家であるサラ・ジーというアーティストによる作品展のお知らせで、一般的にはアーティストのプロフィールと共に代表作などが紹介されるものだが、それらの要素は一切みられず、表面にはアーティスト名と作品のアウトラインがエンボス加工で表現されているだけ、という斬新なデザインであり広告というより存在がアートである。

約1mmもある分厚い紙は簡単に折れないほど丈夫でインパクトがあり誰の目にも留まりやすい。
最近の印刷物はデザインにこだわりがあっても予算の関係で用紙にこだわる人は少なく、芸術系やイベントなど特定の広告以外で風変わりな印刷用紙を目にすることはなくなった。
過去に一度だけ同様の縦長広告を作成したことはあり、やはり印刷では通常のコート紙が使用されたが、加工が施された印刷用紙を使うことでデザイン全体の印象もかなり違うものになっただろうと感じる。
デザインの可能性を広げるためにも様々な印刷用紙の価格がもう少し安くなればと願うばかりである。

記事一覧に戻る

⇑TOP

\SNSでシェアする/

Twitter
Share
Hatena
ポケット