Works

デザイン例

デジタルフォトフレームの二つ折りパンフレット
デジタルフォトフレームの二つ折りパンフレット

アイデアとストーリー性があるデジタルフォトフレームの二つ折りパンフレット

デザインの内容とその考え方

デジタルフォトフレームの二つ折りパンフレットを作成しました。
デザインの想定は、スキー旅行に行った家族が旅行写真をデジタルフォトフレームに保存して祖父母のもとへ送り届け、送られた祖父母は簡単に設定して既にリビングでくつろぎながら見ている、というものです。
つながりを持たせる工夫として、表紙に配置したフォトフレームの枠を切り抜き、中面の写真が見えるようにしています。
パンフレットを閉じた状態では一連の楽しそうなスキー旅行の写真ですが、パンフレットを開けると老夫婦がリビングのソファーに座って写真を眺めている仕組みです。

写真がまだフィルムの時代、わざわざお店でフィルムを現像してもらいアルバムに貼り付けて保存していましたが、アルバムの保管場所も必要ですし時間と共に写真は色あせてしまいます。
カメラもデジタルの時代になり、撮影した写真データをプリンタで出力することもありますが、そのままデータとして保存することがほとんどだと思います。
デジタルフォトフレームは写真データを保存するだけでなく様々な機能が備わっており、スライドショーにしたりエフェクトを掛けられたりと非常に便利です。

デジタルカメラの普及で需要が大幅に増えつつあるデジタルフォトフレームですが、お店で商品の購入を考える人は、気になる商品パンフレットを次々と手にして持ち帰り、自宅でよく検討してから購入するでしょう。
通常パンフレットは商品の近くに配置されますが、店舗側の判断に委ねられるため、パンフレットの内容は商品の機能や性能を余すとこなく説明する必要があり、少しでも注目してもらうためにデザインで他社と差別化を図る必要があります。
最も大切なことは商品の性能やデザインですが、商品を知るきっかけを作る意味でも他社製品のパンフレットより目立つデザインや仕組みづくりは有効だと思います。

最近では商品説明をPDF形式の電子書類で閲覧させる形式も増え、店舗内のチラシやパンフレットも少なくなってきました。
近年、家電もネット通販が盛んになり、店舗を訪れずにネットで商品を購入する人が増えてきました。
また、欲しい商品を量販店の店頭で実際に目で見て、価格の安いネットで購入するという人も多いのが現状です。
しかし、数多く店頭に並ぶ商品の手助けとなるのが商品パンフレットの役割であり、ネット通販が盛んになってもそれは変わらないでしょう。

◎デザインを依頼された経緯とその目的 海外製のデジタルフォトフレームを主に家電量販店などで販売するため、その特徴や利便性が一目で理解できる二つ折りパンフレットが必要となりました。
機能面で他社製品との明確な差別化が難しいため、わかりやすい説明と面白いデザインのパンフレットを作り、少しでも製品に興味を持ってもらえるようにしました。

◎デザインするときにこだわった点 パンフレットの中身はストーリー性を持たせ、家族で行ったスキー旅行の写真データがいっぱい詰まったデジタルフォトフレームを祖父母へ送ったが、難しい操作もなく簡単スグに見られた、という手軽さをアピールしています。
パンフレットを開くと、祖父母が居間でデジタルフォトフレームを使い写真を見ているという表現のために、表紙のフレーム部分を切り抜き中面のイメージとつながるようにしています。

制作実績一覧に戻る

⇑TOP