Works

デザイン例

マンション英語版二つ折りパンフレット
マンション英語版二つ折りパンフレット

海外の印刷物を思わせる色使いのマンション英語版二つ折りパンフレット

デザインの内容とその考え方

外国人向け賃貸マンションの英語版二つ折りパンフレットを作成しました。
全体的に海外にある雑誌のような雰囲気の色調や見た目にデザインし、物件に関するほぼすべての情報はもちろんのこと、充実した生活が送れることを印象づけるために、外国人が特に重要視する外国人コミュニティや教会に関する情報の他、公共交通機関などを利用して行ける観光スポットも紹介しています。
完成したパンフレットは市役所をはじめ、周辺の教会やインターナショナルスクールなど、外国人が頻繁に訪れる場所に置くようになります。

関西圏では芦屋や西宮が高級住宅地として有名で、古くから日本人だけでなく海外の富裕層も数多く暮らしています。
しかし、西側に位置する神戸にも充実した生活が送れる環境があることを知ってもらいたい目的がありました。
仕事の関係で海外から一時的に日本を訪れて生活する外国人は多いですが、日本の文化や風習に馴染めない方も多少は存在します。
観光で数日間滞在するのとは違い、半年から数年その場所で生活することを考えれば、周辺の環境や利便性、文化的・宗教的施設の充実など、生活の拠点をその場所に置くメリットがなければ、別の場所でも良いことになります。
日本人と外国人が感じる住まいや暮らしに対する感覚の違いはあるのでしょうか?

以前、外国人向け賃貸マンションの日本人担当者に対し、外国人と日本人の入居希望者で感覚の違いがあるのか尋ねたことがありました。
サイズ感の問題として天井が低いことやシンクの高さが合わないなど細かい注文はありますが、外国人だからと決して大きな違いはないが、教会や外国人コミュニティ、インターナショナルスクールの有無や支払い面においては非常にこだわると聞かされました。
日本人が海外へ行っても文化的・宗教的に決まった時間に祈りをあげる風習はありませんが、外国人にとっては非常に重要で生活の一部として機能しています。
今後、海外からの移住者を募集する際には、様々な国の様々な情報を予め十分勉強して、大切な情報が何かを知る必要があると思います。

今回、海外からの移住者向けの外国人向け賃貸マンションの英語版パンフレットを作成しましたが、外国人の感覚に対してどのようなデザインが正解なのかわからず、手探り状態で取り組みました。
政治関係や医療関係など海外の富裕層や要人を対象としているため、日常生活の細かな事柄ではなく、暮らし全般において充実感や満足感を感じ取れる環境であることを紹介することが望ましいと思いました。
今後ますます海外からの旅行者や移住者も増えてくるでしょうが、今回作成するにあたり参考にしたかった外国人向けのチラシやパンフレットなどはほとんど見当たらず、これからの日本における課題であると感じました。

◎デザインを依頼された経緯とその目的 住まいやセカンドハウスを探している関西圏に住む外国人富裕層を対象に、入居募集用の二つ折りパンフレットを作成しました。
市役所や各種外国人コミュニティ、教会など外国人がよく訪れる場所を中心にパンフレットを設置して、日本語が理解できない外国人でもマンションの魅力や周辺にある施設、近隣の観光スポットなど魅力ある環境を理解してもらう目的があります。

◎デザインするときにこだわった点 パンフレット全体のコントラストを高くしてフォントのジャンプ率を上げるなど、海外によくある雑誌を意識したテイストでデザインしました。
マンションの設備・仕様や各種サービス及び施設の紹介、賃料や間取り、眺望などすべての情報を網羅的に紹介しながら、外国人が特に重視する外国人コミュニティーや教会の存在は最重要項目として表紙に載せました。

制作実績一覧に戻る

⇑TOP