Works

デザイン例

おしゃれで明るい美容室の1周年チラシ
おしゃれで明るい美容室の1周年チラシ

お店の雰囲気やイメージに合わせた統一感のある色合いの美容室1周年チラシ

デザインの内容とその考え方

美容室のオープン1周年を記念して、割引クーポン付きのチラシを作成しました。
デザイン以前から、外国人の女の子がシャボン玉で遊ぶ写真を大きく使用したいとデータを送付され、店舗や店内写真を見て感じた雰囲気や印象と近かったため、淡いグリーンをベースの色調として考えました。
髪の毛が風になびくようなふわふわとした浮遊感を演出したいと思い、女の子が吹くシャボン玉の流れに沿ってキャッチの英文を流し、全体的に空間を十分利用して窮屈さを排除し、メインの写真を邪魔しないように、美容室に関係の深いモチーフを目立ちすぎないようにモノクロで配置しました。

美容室のオーナーからはお店への強いこだわりが感じられ、チラシに対する指示も多くデザインはスムーズに進められましたが、事業に対する思い入れやこだわりが少ない依頼者の仕事は難しく、デザインも表面的になりがちです。
どうしても特徴がない場合、少しでも差別化のために無理をして事業内容と結びつけて文章を考えますが、デザイナーの作り事に過ぎず結果につながることはありません。
依頼者とデザイナー双方が納得できるデザインには、常に他社との差別化が図れるようなこだわりや思い入れが必要だと思います。

初回の打ち合わせは、できる限り現地を訪れて対面で打ち合わせをし、店舗やその周辺の空気感や風景を感じてデザインに活かすことは大切です。
しかし、遠方や時間が取れない理由で現地へ行けない場合、最近ではGoogle Mapsのストリートビューで周辺環境を知るようにしています。
現地の空気感や雰囲気を肌で感じることはできませんが、最低限の情報収集としては役立ちます。

チラシなど広告物を制作する目的は集客が多いですが、既存の事業内容や写真などの素材だけでもデザインは可能です。
しかし集客という目的を達成するためには情報が不十分で、消費者を知り、他社と差別化を図るなど、集客するための付加価値が必ず必要です。
今回の美容室は1周年であること、割引クーポンをつけること、美容室の紹介をすること、外国人の女の子の写真を大きく使うことなど、チラシを作成する目的や目標、方針などしっかりと方向づけできたことが、納得できるデザインにつながりました。

◎デザインを依頼された経緯とその目的 美容室のオープン1周年を記念して、割引クーポンの利用キャンペーンと美容室の紹介を兼ねて新たにチラシを作成することになりました。
遠方からネット経由でデザインの依頼を受け、主に既存客への利用促進と口コミによる新規客の集客を目的にしています。

◎デザインするときにこだわった点 洒落た店舗の外観や女性が好みそうな雰囲気の店内写真を見て「カワイイ」というキーワードが頭に浮かびました。
全体的な色合いは淡く落ち着きのあるグリーンをベースに、全体の色調イメージを統一させ、店名にちなんだモチーフとなる画像をちりばめるなど、スッキリしたレイアウトにしながらオシャレでカワイイ表現を採り入れました。

制作実績一覧に戻る

⇑TOP