Works

デザイン例

ゴルフレッスンの会員募集チラシ

上達してゴルフコースに立つ未来の自分を想うゴルフレッスンの会員募集チラシ

デザインの内容とその考え方

駅から直結した建物にあるゴルフスクールの新規ゴルフレッスン会員を募集するチラシをデザインしました。
同じ建物内にあるゴルフショップの好意で会員募集のチラシを店内に置かせてもらえることになりましたが、チラシの設置店では積極的に店舗の宣伝をしてくれるわけではないので、店内にある他の広告物以上にインパクトがあり、ゴルフスクールの店舗イメージと印象を合わせる必要がありました。
そこでインパクトと統一感を兼ねて、以前店舗前のタペストリーで使用したスイングする女性のバックショットの写真で、非常にコントラストが高く幻想的な雰囲気の一枚を背景に使うことに決めました。
また、「スキマ時間のゴルフレッスン」という言葉には、買い物中の待ち時間、昼休みの空き時間、次の予定を埋めるための時間など自分の都合に合わせてレッスンを受けることができる、という意味が込められています。

ゴルフレッスンを受ける人の目的は「今よりもゴルフがうまくなりたい」からですが、なにもゴルフレンジでまっすぐ飛ばすことが目標ではなく、本コースに出て気持ちよくスイングしたい、まっすぐボールを飛ばしたい、より少ないスコアでプレーしたいなど、広々とした大自然のコースで思い通りにプレーするために、レッスンを受けて講師に指導を仰ぐのだと思います。
店舗前のタペストリーにこの写真を使用したのも、最終的な目標である大自然の広々としたコースで格好良くプレーしている自分の姿と重ね合わせて想像してもらいたかったからです。

ゴルフはより少ないスコアでプレーした方が勝つ競技ですが、一般的な休日ゴルファーは、本気で他人とスコアを競うより自らの技術向上や以前より少ないスコアでプレーすることに注視し、普段から言葉より画像や映像から情報を得る機会が多いため、インパクトのある理想的なビジュアルを見せることで反応が違うような気がしています。

大型の商業施設に入るテナントは、看板やノボリ、チラシラックなど広告物の設置に関して面積の制限や既製品の使用義務があるなど、自由な広告活動が困難な場合があります。
今回、ゴルフレッスンの会員募集チラシ以外にも、店舗入口に大きなポスターを掲出する提案をしましたが、建物側の許可が降りず断念した経緯があります。
一般的には、広告物の中でもチラシは比較的規制が少ない部類ですが、依頼者デザイナーともに事前のレギュレーションチェックは大切だと感じました。

◎デザインを依頼された経緯とその目的 同業種ということもあり、建物内にある近くのゴルフショップにチラシを設置してもらえることとなり、ゴルフレッスンの新規会員募集チラシを作成しました。
雨でも駅から濡れずに建物へ移動でき、電車の乗り換え客や買い物客も多く行き交うため、集客を狙いやすい環境にあります。

◎デザインするときにこだわった点 ゴルフレッスンを受ける目的は、実際にコースへ出て気持ち良くスイングをし、良いスコアでラウンドしたいからだと思います。
今現在のレベルは人それぞれでも、うまくなりたい、コースへ出てまっすぐ遠くへ飛ばしたいという目標を、目で見て想像してもらいたいと思い、スイングする女性のバックショットを全面に使いました。

制作実績一覧に戻る

⇑TOP