Works

デザイン例

外国人向け賃貸マンションのポスティングハガキ 外国人向け賃貸マンションのポスティングハガキ

すぐ捨てづらい工夫を施した外国人向け賃貸マンションの入居募集用ポスティングハガキ

◎デザインを依頼された経緯とその目的 入居募集対象地域周辺の住宅にポスティングするハガキを制作することになり、定形ハガキではすぐに捨てられる可能性があるため、縦長で厚紙ほどある厚みの用紙を使いデザインしました。
まるで不動産とは感じさせないゆったりとした穏やかな写真を全面に敷き、すぐに捨てづらい状況を作ることが目的のハガキです。

◎デザインするときにこだわった点 目的は、すぐに捨てられない状況を作り出すことなので、特別感がある上等な雰囲気を感じさせ、なにかに使えるかも知れないと持ち帰ってもらうことを想像しながら、10点ほど写真を選んで提出した中で選ばれた写真です。
理想的にはマグネット広告やカレンダーの付いた広告のような感覚で、室内まで持ち込んでもらいたいということです。

デザインの内容とその考え方

外国人向け賃貸マンションの入居募集ポスティングハガキをデザインしました。
賃貸マンションの入居募集に関して印刷物を利用することは珍しく、最近はネットでの募集のみする場合がほとんどです。
今回の外国人向け賃貸マンションの入居募集ポスティングハガキは縦長形状で厚手の用紙を使用するなど、ポスティングした際に他の投函物に紛れず目に留まり、手にしてもらいやすい工夫をしています。
また、不動産の内容と一切関係のないテーマの写真を全面に敷くことで、一見すれば何の広告かわからず内容を見てもらえるのでは?というもくろみがあります。

外国人向け賃貸マンションという存在は一般的な賃料の安い賃貸マンションとは違い、主に高所得者や海外から来日した要人、医師など富裕層のみをターゲットにして集客しますが、特別な集客方法があるわけではありません。
富裕層が集う場所や趣味嗜好をもとに情報を細分化して分析し、できるだけターゲットを絞りながら最適な情報を提供します。
高級賃貸マンションですので賃料は高額ですが、永住ではなく中長期的な住まいという考え方は一般的な賃貸マンションと変わりはなく、募集内容も一般的な不動産広告と同じです。

一風変わった形状の広告物やデザインは、インパクトがあり人の目を引きつける効果も十分ある反面、通常の印刷物より印刷や送料が割高なため、しっかりとした根拠や裏付けがない限り費用対効果を考えればリスクは大きく、近年ではあまり見かけなくなりました。
外国人向け賃貸マンションのように高級感や内容にこだわる広告物は、たとえデザインが良くても印刷用紙の雰囲気が違えば台無しになるため、本来はデザインと印刷をまとめて考えたいのですが、結局は印刷コストを抑えるために安価な用紙が用いられることになります。

ポスティングの規制が進むに連れて印刷物による広告からネット関連の広告へ移り、このような形状のチラシやハガキがポスティングされなくなりましたが、マグネットやシールなどの広告物と同じぐらいのインパクトはあると思います。
ネット広告のように受けの広告ではなく、チラシやハガキのポスティングのような積極的な攻めの広告手法は特に周辺地域への影響が大きく、内容次第では集客率も高いため、ピンポイントの広告はネット広告以上だと感じます。
広告物を利用する環境や状況を十分に分析してデザインを考え、人間の琴線に触れるような効果を期待する試みの場が少なくなるのは寂しいです。

制作実績一覧に戻る

⇑TOP