Works

デザイン例

スイーツを彩るケーキピックのデザイン

スイーツのアクセントとして重要な存在であるケーキピックのデザイン

デザインの内容とその考え方

美味しそうなスイーツに彩りを添えるケーキピックのデザインをしました。
これまでケーキピックのデザイン経験はなく、通常の印刷会社ではケーキピックの印刷に対応していないため、はじめに印刷会社を探しました。
結局、特殊印刷に対応する印刷会社はなく、遠方の印刷会社とメールのやりとりからはじめ、ケーキピックのサンプルを請求すると大量に届き、印刷する素材はアルミ製で、光沢があるコート系や反射しないマット系などさまざまな種類があり、微妙に曲がり方の異なる特殊な素材もありました。
早速店舗のロゴを使用したケーキピックのデザインデータを作成して印刷会社にメールで送ると、通常のオフセット印刷ではないため線幅が細すぎたり複雑な場合は再現できないと言われました。
最初に作ったデザインデータから何度も変更しながら印刷可能なレベルにまで妥協を繰り返し、ようやくケーキピックができましたが、かなり骨の折れる作業でした。

クリスマスや誕生日の手作りケーキにオリジナルのケーキピックを使いたい場合は、市販のケーキピック専用印刷用紙を利用できますが、ケーキピックは直接食品に触れるため、長時間そのまま放置する場合は可食性の用紙やインクを利用するか、ケーキピックとして販売されている既製品を購入したほうが安心です。
店舗で販売するケーキやスイーツに使用する場合は、市販の印刷用紙などは利用せず、必ずケーキピックなど特殊な商品を扱う専門の印刷会社を利用しなければ、食品衛生上問題があります。

ケーキピックの素材は、厚手の紙製素材や様々な形状に曲げられる通称くねくねピックと呼ばれるアルミ製が主流です。
紙製のケーキピックはユポ紙にラミネート加工されているため耐水性・耐油性に優れ、オンデマンド印刷もあり比較的安価に制作できます。
今回依頼したのは通称くねくねピックと呼ばれ、紙製とは違いアルミ製なので様々な形状に曲げられ、スイーツの形状により変化させられ高級感があり便利な半面、特殊印刷のため割高感があります。
最近では百貨店に入る有名スイーツ店でも紙製のケーキピック率が高く、費用対効果の面でも紙製が選ばれると感じています。

ショーケースに並ぶスイーツにケーキピックがあるだけで特別なアクセントが生まれ、それがショップオリジナルなら更に特別感は高まります。
多くの人は、有名店で購入した商品の容器や紙袋などをすぐに捨てず、再利用したり大切にしまっておくと思いますが、商品を含めショップが客に提供するすべてが、実は広告物の役割を担っているのです。
ケーキピックやスプーンなどは食べ終わると捨てられる可能性が高く、費用対効果を考えればお金をかけたくない気持ちはわかりますが、商品購入後には良い広告としての機能を十分果たしていると思えば高くないのかも知れません。

◎デザインを依頼された経緯とその目的 販売する商品のタルトに店舗オリジナルのケーキピックを使いたいという要望がありデザインをしました。
市販のケーキピック用紙で試したところ、印刷面が直接商品に付着することは問題があるため、ケーキピックなどを扱う特殊印刷対応の印刷会社に依頼しました。

◎デザインするときにこだわった点 ケーキピックの印刷で表現できる最低の線幅があり、英文字で筆記体の線幅を微妙に太くしながら、印刷会社の担当者とも話し合いのもと妥協しながらも、理想に近い書体やデザインに仕上がりました。

制作実績一覧に戻る

⇑TOP