Works

デザイン例

インパクトのある接骨院のチラシ

インパクトのあるコピーとコミカルに痛みを表現した接骨院のチラシ

デザインの内容とその考え方

事実を伝えるために文字を大きく扱いインパクトをもたせた接骨院のチラシをデザインしました。
ビジュアルとして痛みが出る部位の表現を写真やイラストではなくデッサン人形にポーズを取らせ、少しの変化とインパクトを感じさせるようなデザインにしました。
デザインの依頼を受けた際、体の痛みが長期間に渡りなかなか治らない原因のひとつに体の歪みがあると聞かされたとき、未だ知らない人も多いだろうと感じ、キャッチコピーとして大きく取り上げて強調しました。

接骨院をはじめとする医療系のデザインで悩む表現のひとつに、症例などのビジュアルがあります。
イラストではインパクトが薄く感じられ、人物写真にするとリアルすぎてイメージ全体が重くなる可能性があります。
また、器用にイラストを描けるわけでもないためフリー素材を利用しますが、症状のイラストすべてが揃うことは珍しく、写真も同様です。
あまり意味付けが激しくなく、より客観性をもたせることを考えたとき、デッサン人形が頭に浮かびました。
他のより良いモチーフや表現方法も時間が許せば思いついたのかも知れませんが、瞬間的なひらめきを優先して採用しました。

人は体のどこかに痛みを感じればマッサージをしたりシップを貼るなど、痛みに対して直接何らかの処置を施しますが、それが長期間に渡り改善されない場合、実は体の歪みが痛みの原因の場合があるそうです。
来院者にも様々なカラダの痛みを訴える人が多く、何度訪れても改善しないためやがて接骨院から足が遠のき、結局シップやマッサージに頼るそうです。
自分も含め、ほとんどの人は体の歪みが痛みにつながる事実を知らず、従来どおりの処置を続けるのだそうですが、より多くの人に事実を伝え改善してもらいたいという依頼者からの願望もありました。

強いメッセージを発信してより多くの人に伝えたい目的があれば、どこにでもあるようなありふれたデザインでは目的を達成できません。
できるだけインパクトを持たせてメッセージ性を高め、表現内容をしっかりと考えて伝える努力をしなければいけません。
デザイナーとしては、考えた結果でしかないデザインの良し悪しよりも「考える」というプロセスをより重要に考えることが大切に思えるため、内容について十分考えた今回は非常に良い経験になったと感じています。

◎デザインを依頼された経緯とその目的 チラシで接骨院へ集客することを目的にしながらも、体の痛みに関する原因の多くが歪みであるという事実を知ってもらい、何年通院しても良くならなかったりシップやマッサージでごまかしたりせず、この事実を知って改善してもらいたいとの思いがあり、チラシの作成を依頼されました。

◎デザインするときにこだわった点 全体的にインパクトを持たせたいという思いがあり、イラストを使うと柔らかすぎ実際の人物写真を使えばリアルすぎてイメージとは違うため、急遽アイデアとしてデッサン人形の使用を思いつき、痛みの出る患部を押さえるポーズを取らせて撮影し、レイアウトしました。
これまであまり目にしたことがない表現でインパクトをもたせるという意味では、アイデアはよかったのではないかと思います。

制作実績一覧に戻る

⇑TOP