神戸・大阪でチラシ作成のデザインをお手伝いするディーパーツ
078-393-1255

言葉に勢いを表現に面白さを採り入れた接骨院のチラシ

痛みをコミカルに表現した接骨院のチラシ

初めて接骨院など医療関係のチラシを作成するため、まずはネット上で接骨院を訪れる患者について検索してみました。
通院する患者の多くは様々なカラダの痛みがあり、通院してもなかなか改善されない人も多いという事を知りました。
痛みの種類や部位なども人により様々で、その痛みを取り除くのは一筋縄ではいかないようです。

一般的に、カラダのどこかに痛みを感じればその部位をマッサージしたり湿布を貼るなど、直接痛みに対して処置を施しがちですが、なかなか良くならない痛みの原因がカラダの歪みにあるかも知れないそうです。
ほとんどの人はこの事実を知らずこれまでと同様の処置を続けているのだそうです。
そこでこの事実をより多くの人に知ってもらおうとチラシを作成することとなったわけです。

まずはこれらの痛みを表現するためにどうするべきかを考えました。
そして、思いついたのがデッサン人形の存在でした。
接骨院など医療関係のチラシで悩むのは、症例を表現する方法です。
イラストを使用すると安っぽくうつり、実際の症例写真などを使えばリアルすぎる印象があります。
イラストでもなく実写でもない人形を利用して動きをつけ、写真そのまま使うのではなく切り抜いて使うことで、動きの表現を一層際だたせることができたと思います。
また、カラダの歪みが痛みの原因かも知れないという事実を断ち切れるほど大きく表現することで、緊張感や緊急性が生まれて重要性を感じてもらうようにしました。

◎デザインに至った経緯と目的
カラダの歪みが痛みの原因である事実を知らず、多くの人が痛みの箇所にシップを貼ったりマッサージを施しているそうです。
何年通院しても一向に良くならない人や現在痛みを抱えている多くの人に、この事実を知ってもらい改善してもらいたいとの思いから、チラシの作成を依頼されました。

◎デザインするときにこだわった点
代表的な痛みの種類を表現するためにイラストや写真の使用を考えたものの、全て同じ雰囲気のイラストや写真の素材を探すのが難しく、使うイラストによっては幼く安っぽいイメージになったり、患部を押さえた実際の写真では痛々しくリアルすぎるため、デッサン人形を利用することでその問題をある程度解決できる用に感じました。

チラシの実績紹介一覧に戻る

PAGE TOP