ディーパーツ
連絡先:078-393-1255
はじめての方の仕事依頼はデザイン依頼フォームから。

こんなときどうする?
広告の種類と選び方やデザインの考え方をご紹介

私たちの身の回りには、チラシ、折パンフレット、パンフレット、ポスター、テキストやカタログなど、様々な種類の印刷物による広告があります。

例えば会社や店舗で広告物が必要な場合、数多くある広告の種類から何を選べばよいのか、どんな選び方なら効果を生むのかなど、わからないことが多いでしょう。

印刷物の広告にはそれぞれ特徴があり、伝えたい情報の種類や内容の展開、魅せ方、文章量などを基準に、使用する広告の種類やデザインを選びます。

また、広告の使用目的によっても種類や選び方は違いますし、効果的なデザインの方法も大きく異なりますが、消費者にとっての利便性やちょっとした心遣いを第一に考えることが最重要事項です。

一般的に依頼を受けることが多い印刷物の広告を種類別に分け、その選び方やデザインの方法、オススメの使用方法などを紹介します。

1.ポスティングやDMなど販促物の広告として代表的なチラシ

チラシはフライヤーとも呼ばれ、新聞折込や街角でもよく見かける最も身近な広告の種類で、私たちの生活に定着している広告と言えます。

印刷物が減少傾向の今、大判サイズのチラシの種類は少なくなり、もっぱらA4やB5サイズなど手頃なサイズのチラシ広告が主流で、使用目的は主に手撒きやポスティングに利用されています。

新聞に折り込まれる広告物はほぼ全ての種類がチラシで、業種は主にスーパーやホームセンター、不動産、習い事、飲食店など、主に消費者が日常で必要とする情報の広告がほとんどです。

ポスティングやDMなど販促物の広告として代表的なチラシ

チラシの特徴

■表裏2面で構成され、表面の内容に興味がなければ裏面は見てもらえない。
■情報や内容にストーリーや展開を持たせることは苦手な種類の広告。
■紙の種類にもよるが、他の広告に比べて比較的安く印刷できる。
■集客や宣伝のために最も気軽に選ばれている種類の広告

オススメ利用方法

従来は新聞折込の利用が目立ちましたが、ネット利用や新聞購読者数の減少で、折り込み広告自体は少なくなりましたが、周辺地域への影響力は未だに大きなものがあります。

最近ではSNSの利用だけで十分という人も多いですが、より狭い地域で確実に情報を提供して集客を狙いたいなら、チラシにQRコードを掲載してチラシとSNSの相互利用を促す方法にすると効果的です。

また、会社内で日常的に利用する広告物は、社員自らが作成して印刷したもので十分ですが、新製品やサービスの紹介など大切な場面だけは、しっかりとデザインされたチラシの作成をオススメしています。

2.情報の展開で様々な可能性を持つ広告の折りパンフレット

一般的に、一枚の紙を二つや三つに折ったものはリーフレットと呼ばれ、パンフレットとは区別されますが、別称として折パンフレットとも呼ばれています。

チラシより持ち運びに便利で、設置スペースも取らないため、折パンフレットを会社案内や事業内容の紹介に使うこともあります。

掲載する情報量によっては数ページで構成する冊子のほうが見やすいため、ボリュームに応じて広告の種類を決めるという選び方も必要です。

一般的に印刷ではチラシより若干厚手の紙が使われるため、高級感や少しあらたまった見た目の印象を与えることもできます。

情報の展開で様々な可能性を持つ広告の折りパンフレット

折パンフレットの特徴

■各面に情報を掲載できるので、内容にストーリー性を持たせることができる
■三つ折りであれば、情報量はそのままにサイズがコンパクトで持ち運びに便利。
■情報を分ける意味で折るため、単体の情報や少ない情報量には適さない
■ポスティングやDM用の広告としても、問題なく利用できる。

オススメ利用方法

例えば、簡単な事業紹介や施設案内などで広告を利用するなら、手配りやラック置きにしてもスペースを取らず、広告をカバンにそのまま入れられるサイズなので、幅の狭いマンションポストへのポスティングも問題ないでしょう。

また、店舗であれば据え置き用として、企業の営業ツールとしてもかさばらず場所を取らないため、先様に置いて帰っても嫌がられなくて済みます

観音開きやZ折り、巻き三つ折りなど一般的な折り方の他、ジャバラ折りにすれば、店舗の階数やイベントの内容ごとに情報を展開できるなど、折り方次第で表現の可能性は広がります

3.大量の情報を体系的にわかりやすく紹介するパンフレット

中綴じや無線綴じなど数ページにおよぶ冊子の形状をパンフレットやカタログと称しますが、UNESCOによると、表紙を除き5-48ページをパンフレットと呼び、それ以上を書籍と定義しています。

パンフレットの形態は、主に会社案内をはじめ項目数の多い商品・サービス等を紹介するカタログやテキストなど、デザイン性以上に統一感のあるフォーマットが重要で、目の負担を掛けず見やすいデザインが求められます。

カタログは短時間で目的の商品を簡単に見つける必要があるため、より一層の統一感や見やすく探しやすい工夫が必要です。

大量の情報を体系的にわかりやすく紹介するパンフレット

パンフレットやカタログの特徴

■無線綴じでは2の倍数、中綴じでは4の倍数のページ数が必要となる。
表紙を含めて12ページ以上なければ、ボリューム感が出ない。
■カテゴリーに分けるだけの十分な情報量や項目数が必要。
■印刷費用やスペース等の関係でPDFによる電子カタログの利用が増えている。

オススメ利用方法

パンフレットは他の種類の広告とは違い印刷費用がかかるため、特別な目的に利用されることが多く、特に不動産や車などの高級感を伴う商材であれば、十分な厚さと質感のある用紙を使う傾向にあります。

せっかくお金をかけてパンフレットやカタログを作るのであれば、妥協せずデザインから印刷まで十分に時間をかけて作り込むことが大切です

また、一度作れば何度も頻繁に作り変えることなく数年間使うことになり、会社案内や商品紹介のパンフレットなどはその代表例です。

一方、ページ数が数百ページから千数ページになり、コスト削減の観点からもカタログを作成する企業は少なくなり、少しでも安く印刷できるように印刷業者などを選んだり、PDFファイルとして配布する企業が増えてきています。

4.販促・ノベルティーなど多種多様なその他の広告物

上記以外の広告の他には、ポスターやラベル、各種カード類など、販促用やノベルティーグッズとしても数えきれないほどあります。

一般的によく使うチラシやパンフレットなどとは違い、様々な広告の種類から、その場の状況に応じた適切な選び方が求められます。

ポスターであれば、遠くからでも人の目を引きつけて瞬時に内容がつかめたり、ラベルやシール、カード類は商品やサービス全体を象徴する顏、そしてイベントで配る各種ノベルティーは、季節やイベント内容に応じて種類を選ぶ必要があります。

販促・ノベルティーなど多種多様なその他の広告物

ポスターやハガキ、ラベル、カード類の特徴

■ノベルティーが日用品なら、持ち帰り率や家庭内保持率が高まる。
■ポスターやのぼりは人に気づきを与える広告。
■名刺サイズのカードは財布やスマホケースに差し込みやすい。

オススメ利用方法

住宅の壁やへいに長年貼られた選挙ポスターや使い古されたお店の看板・展示会などのタペストリーなどを見かけたことはないでしょうか?

大型の広告物は比較的長い間使用される傾向にあり、店舗や会社にとって象徴的な存在になることもあります

また、ノベルティーグッズをはじめ消費者に対して無償で提供するための広告物は、印刷の範疇を越えた造形物など様々な種類が存在するため、日ごろからチェックして、目的に合った広告の選び方をしましょう。

デザインとしても、例えばカレンダーやポートレートの要素を取り入れたり、メモパッドやマグネットの広告にすれば、家庭内で使ってもらいやすくなるなど、工夫次第で存在価値を高め、永続的な広告活動につながる可能性があります。

⇑TOP

twitter facebook hatena pocket