Choice

広告の種類と選び方

こんなときどうする?
印刷・広告物の種類と選び方やオススメの利用方法をご紹介

普段意識することは少ないですが、日常生活の中には様々な種類の印刷された広告物があります。

例えば、
朝刊の折込チラシでお買い得商品をチェックし、玄関ポストに投函された様々な広告に目を通し、自転車でスーパーへ向かう途中に近所のパン屋さんのオープンチラシを受け取り、目印の看板を頼りにお店へ立ち寄ってみる。”
私たちは何気ない日常の中で様々な印刷された広告物から情報を無意識の内に受け取り、それら情報を取捨選択しながら生活していることに気付くでしょう。

広告物にはそれぞれ特徴があり、伝えたい情報の種類や内容の展開方法、魅せ方、文章量など様々な条件によって選ぶべき最適な広告物の種類や効果的なデザインの方法など大きく変わります。
広告選びやデザインの基本は、消費者の利便性や環境・状況などを考え、それが有益な情報であると感じてもらえるかどうかが基準となりますが、適切に広告物を選びデザインすることで、非常に効果的な情報発信ツールとなります。
ここでは、それぞれの印刷・広告物の特徴やデザインの考え方、広告物の利用方法などを紹介していますので、情報発信をお考えの際にお役立て下さい。

1.ポスティングやDMなど印刷・広告物で代表的なチラシ

チラシはフライヤーとも呼ばれ、新聞折込や街角でもよく見かける私たちの生活に最も定着した身近な印刷・広告物です。
印刷物が減少傾向の今、大判サイズのチラシは少なくなり、もっぱらA4サイズ以下の手頃なサイズのチラシが多くなり、主に手撒きやポスティングとして利用されています。
折込やDMのように目立たせたりじっくり読ませたい場合は大きなサイズで、手配りやポスティングはジャマにならないように小さいサイズで作成するなど、使うシーンによりサイズを考える必要があります。

これまで定期的に利用されていた新聞折込のチラシも新聞購読者の減少に伴い、必要な時期や地域に対して必要な部数だけ折り込む手法が目立ち、主な業種はスーパーやホームセンター、不動産、習い事、各飲食店など、消費者の多くが必要とする情報の広告がほとんどです。

ポスティングやDMなど印刷・広告物で代表的なチラシ

◎チラシの特徴

■表裏2面で構成され、表面の内容に興味がなければ裏面は見てもらえない。
■情報や内容にストーリーや展開を持たせることは苦手な種類の広告。
■紙の種類にもよるが、他の広告に比べて比較的安く印刷できる。
■集客や宣伝のために最も気軽に選ばれている種類の広告

◎オススメ利用方法

従来は新聞折込の利用が目立ちましたが、ネットの利用や新聞購読者数の減少で折り込み広告は減少する反面、ポスティングやDMなどの広告は周辺地域への影響力が未だに大きいと言えます。
最近ではWebサイトやSNSだけで十分という人も多いですが、より狭い地域で確実に情報提供して集客を狙いたいなら、WebサイトやSNSより周辺地域へチラシを撒くほうが断然効果的です。

また、社内で日常的に利用する広告物は社員自らが作成した印刷物で十分ですが、新製品やサービスの紹介など大切な場面だけは、しっかりとデザインしたチラシをオススメしています。

2.情報の展開に様々な可能性をを感じる折りパンフレット

一般的に、一枚の紙を二つや三つに折ったものはリーフレットと呼ばれ、パンフレットとは区別されますが、別称として折パンフレットとも呼ばれています。
小型で持ち運びに便利で設置スペースも取らないため、折パンフレットを会社案内や事業内容の紹介に使うことがあります

掲載する情報量によっては数ページで構成する冊子のほうが見やすいため、ボリュームに応じて広告の種類を決める必要があります。
印刷では一般的にチラシより若干厚手の紙が使われるため、高級感や少しあらたまった見た目の印象を与えることもできます。

情報の展開で様々な可能性を持つ広告の折りパンフレット

◎折パンフレットの特徴

■各面に情報を掲載できるので、内容にストーリー性を持たせることができる
■三つ折りであれば、情報量はそのままにサイズがコンパクトで持ち運びに便利。
■情報の流れや分類ができるので、単体の情報や少ない情報量には適さない
■ポスティングやDM用の広告としても、問題なく利用できる。

◎オススメ利用方法

例えば、簡単な事業紹介や施設案内などに利用するなら、手配りやラック置きにしてもスペースを取らず、広告をカバンにそのまま入れられるサイズなので、幅の狭いマンションポストへのポスティングも問題ありません。
また、店舗であれば据え置き用パンフとして、企業の営業ツールとしてもかさばらず場所を取らないので、先方に嫌がられずに済みます。
その際、印刷用紙の種類にこだわったり表紙のデザインを一工夫するなど、簡単に捨てられないひと工夫が必要です。

リーフレットの最大の魅力は「開く楽しみ」にあり、チラシでは実現できない情報の流れや面白い展開表現を工夫できる内容であれば、リーフレットの活用が最適です。

3.大量の情報を体系的にわかりやすく紹介するパンフレット

中綴じや無線綴じなど数ページにおよぶ冊子の形状をパンフレットやカタログと称しますが、UNESCOによると、表紙を除き5-48ページをパンフレットと呼び、それ以上を書籍と定義しています。

パンフレットの形態は、主に会社案内をはじめ項目数の多い商品・サービス等を紹介するカタログやテキストなど、デザイン性以上に統一感のあるフォーマットが重要で、目の負担を掛けず見やすいデザインが求められます。

カタログは短時間で目的の商品を簡単に見つける必要があるため、より一層の統一感や見やすく探しやすい工夫が必要です。

大量の情報を体系的にわかりやすく紹介するパンフレット

◎パンフレットやカタログの特徴

■無線綴じでは2の倍数、中綴じでは4の倍数のページ数が必要となる。
表紙を含めて12ページ以上なければ、ボリューム感が出ない。
■カテゴリーに分けるだけの十分な情報量や項目数が必要。
■印刷費用やスペース等の関係でPDFによる電子カタログの利用が増えている。

◎オススメ利用方法

パンフレットは他の種類の印刷・広告物とは違い印刷費用がかかるため、特別な目的に利用されることが多く、特に不動産や車などの高級感を伴う商材であれば、十分な厚さと質感のある用紙を使う傾向にあります。

せっかくお金をかけてパンフレットやカタログを作るのであれば、妥協せずデザインから印刷まで十分に時間をかけて作り込むことが大切です
また、一度作れば何度も頻繁に作り変えることなく数年間使うことになり、会社案内や商品紹介のパンフレットなどはその代表例です。

一方、ページ数が数百ページから千数ページになり、コスト削減の観点からもカタログを作成する企業は少なくなり、少しでも安く印刷できるように印刷業者などを選んだり、PDFファイルとして配布する企業が増えてきています。

4.販促・ノベルティーなど多種多様なその他の印刷・広告物

上記広告の他にポスターやラベル、看板、のぼり、うちわ、パッケージ、各種カード類など、販促用やノベルティーグッズとしても数えきれない数の広告物があります。
一般的によく使うチラシやパンフレットなどとは違い、その場の状況に応じた適切な広告の選び方が求められます。

例えば看板やポスターであれば、遠くからでも人目につきやすく瞬時に内容が理解できる、ラベルやシール、カード類は商品やサービス全体を象徴する顏として、そしてイベントで配る各種ノベルティーは、季節やイベント内容に応じて種類を選び、すぐに捨てられず長期に渡り手元に置いてもらえるようなデザインが必要です。

販促・ノベルティーなど多種多様なその他の印刷・広告物

◎ポスターやハガキ、ラベル、カード類の特徴

■ノベルティーが日用品なら、持ち帰り率や家庭内保持率が高まる。
■ポスターやのぼりは人に気づきを与える広告。
■名刺サイズのカードは財布やスマホケースに差し込みやすい。
■パッケージやラベルは商品やサービスのイメージを決める。

◎オススメ利用方法

住宅の壁や柵などに長年貼られた選挙ポスターや使い古されたお店の看板・展示会などのタペストリーなどを見かけたことはないでしょうか?
大型の印刷・広告物は長期間使用される傾向にあり、店舗や会社にとって象徴的な存在になることもあります
使用場所が屋外の場合、暖色系より寒色系を使いデザインするなど、紫外線による色あせを考慮する必要があるかもしれません。

また、ノベルティーグッズをはじめ消費者に対して無償で提供するための印刷・広告物は、単純な印刷のカテゴリーを越えた造形物など様々な種類が存在するため、日ごろからチェックして目的に合った広告の選び方をしましょう。

デザインに関してもインテリアとして使えるような美しい写真を使ったり、メモパッドやマグネットの広告にデザインすることで家庭内で使ってもらいやすくなるなど、工夫次第で存在価値を高め、永続的な広告活動につながる可能性があります。

⇑TOP