デザインの作成は神戸のディーパーツ

楽しさ伝わる視覚障害がい者の楽譜制作ソフトのチラシ

市販の楽譜作成ソフトはほとんどが健常者対象で、視覚障がい者の方でも簡単に楽譜作成ができるこのソフトは、視覚障がい者の方には強い味方です。高い操作性や機能も充実し、ほとんど負担がないことも盛り込んで作成しました。

楽しくわかりやすい操作性と、遊び心があって誰でも簡単に使える簡便性をデザインした楽譜作成ソフトのチラシ。

視覚障害がい者の楽譜制作ソフトのチラシデザイン 視覚障害がい者の楽譜制作ソフトのチラシデザイン

題材が音楽ということもあり、チラシ全体を明るく楽しいイメージにデザインしたいと思いました。中心のパソコン画面に実際の画面を貼り付け、画面の周りに付箋を貼り付けたようなモチーフで便利な機能を紹介しています。実際どれほど便利なのかを知るため、視覚障がい者が普段どのようにキーボードを使い、楽譜作成ソフトを操作しているかYouTubeで観察すると、このソフトが如何に便利なのか理解できました。 タイトル文字を考えるとき悩んだのは、「ビースコアが変える」なのか「ビースコアで変わる」なのかということです。何度も口で唱えながらじっくりと考えた結果、ソフトが主役でユーザーの環境を変えるのではなく、あくまで主役はユーザー自身であり、これまで不便や不可能であった操作も、ビースコアというソフトを使うことで一変するのだ、ということであれば「ビースコアで変わる」となりました。

◎デザインの目的
視覚障がい者のために販売する楽譜作成ソフトの販促用に、理解しやすくソフトの利便性が伝わるようなチラシの作成を依頼されました。

◎デザインでこだわった点
実際に視覚障害者の方はチラシを見られるわけではないので、介助者や保護者など側に居る方でもこのソフトの利便性を理解してもらい、使わせれば楽譜作成が簡単にできると感じさせなければいけません。パソコン画面に実際のソフトを起動した画面をはめ込み、便利な機能を端的にわかりやすく引き出せば、少しでも理解の助けになると思いました。

チラシの実績紹介一覧に戻る

PAGE TOP