デザインの作成は神戸のディーパーツ

理学療法士・作業療法士検索サイト紹介チラシ

患者自らが自分にあった宿を見付けるために訪れるサイトであることをモチーフに、医療機関におけるリハビリの現状と理想とする今後のリハビリについてイラストや図表を用いて、老若男女わかりやすいようにデザインしました。

イラストや図表を交えて老若男女でも現状や内容を把握しやすくデザインした、理学・作業療法士検索サイトの紹介チラシ。

理学療法士・作業療法士検索サイトの紹介チラシデザイン 理学療法士・作業療法士検索サイトの紹介チラシデザイン

現状リハビリを受けるためには医師の処方が必要なため、本来リハビリを必要とする人でも医師の判断で受けられなかったり、専門外の理学療法士や作業療法士を紹介されるケースがあります。この医療現場におけるリハビリの在り方を改善するため、患者だけでなく現場の理学療法士や作業療法士にもメリットが感じられるよう、現場の医師が自らWebサイトを立ち上げました。患者自ら症状に合った理学療法士や作業療法士を検索し、推薦状を発行して医者へ提示する仕組みです。 リハビリの現状を知らない多くの人やリハビリ経験のある患者など、対象となるターゲットは年齢層も広く、伝えたい内容をわかりやすく落とし込むのに骨が折れました。言葉で多くを説明することは避け、できる限り写真やイラストを多用して、感覚的に理解できるように工夫しました。

◎デザインの目的
リハビリを必要とする患者自らが、最適な理学療法士や作業療法士をネット上で探せる画期的なWebサイトを起ち上げたことで、医療関係者や患者に対して医療の現状やサイトの内容をわかりやすく紹介するチラシの作成を依頼されました。

◎デザインでこだわった点
患者自ら症状に合わせて理学療法士や作業療法士を検索できることから、自分にピッタリの探しものを表現できるイメージを探し、ヤドカリの写真をメインのイメージにしました。対象となる患者の年齢層は幅広く医療関係者も含むため、専門的になりすぎず砕けすぎない表現を考えました。

チラシの実績紹介一覧に戻る

PAGE TOP