デザインの作成は神戸のディーパーツ

衝撃的で情報が心に突き刺さる学習塾のチラシ

一般的な情報を逆手に取り、ものの見方を変えることで見え方や感じ方が全く異なることを感じさせるデザインです。合格する生徒の裏側には多数の不合格者が存在するという、その闇の部分に光を当てた学習塾のチラシです。

合格者数ではなく不合格者数を目立たせて、学生にインパクトや危機意識を感じさせる学習塾のチラシ。

マイナス要素をプラスに変える学習塾のチラシデザイン マイナス要素をプラスに変える学習塾のチラシデザイン

学習塾や予備校などのチラシをデザインする上で非常にポジティブなイメージがある、高い合格者数とは真逆の「不合格者数」をキャッチコピーとする発想は、教育の環境に身を置く塾講師ならではの発想であると感じています。我々デザイナーという立場ではなかなか気づくことが難しい、この強烈な印象を与える内容は、塾に通う学生や父兄に「より勉強をしなければいけない」という注意喚起としても役立つので、このチラシを見た人は少なくとも焦りにつながると思います。 また、学習塾のチラシで使われることが多い、「授業を真剣に聞く学生の写真」や「授業中に笑顔で手を挙げている写真」などは学習塾や予備校のチラシの常套手段で、恐らく万民受けするからこそ使用されているから使い続けられているのでしょうが、あまりメッセージ性が強いとは言えません。しかしこのチラシで使用されている男子学生の写真は、頭を抱えて真剣に悩んでいる雰囲気は非常にインパクトがあり、伝わるものがあると思います。こちらは提供頂いた写真ですが、使用する場面に相応しい写真を選ぶことはデザイン上非常に大切なことです。

◎デザインの目的
少子化が進み生徒の確保が難しい時代だからこそ平凡な内容のデザインではなく、何かひとつでも衝撃を感じ差別化できるような内容でインパクトがあるチラシを作成したいという依頼がありました。

◎デザインでこだわった点
学習塾にありがちな、合格者数を押し出すポジティブで穏やかな内容ではなく、あえて不合格者数の数字と頭を抱えて悩む学生の写真という、ネガティブで暗いイメージを全面に大きく扱うことで、いつもと違う雰囲気を感じると共にその不合格者数の多さに心の動揺を感じながら、勉強をしなければ合格できないという強烈なメッセージを、学生や保護者に対して与えられたのではないでしょうか。

チラシの実績紹介一覧に戻る

PAGE TOP