デザインの作成は神戸のディーパーツ

リアルすぎず安っぽくない接骨院のチラシ

コリや痛みのある現状を改善することで自然の状態へ戻せるメッセージをイラストで表現し、痛みの種類は人ではなくデッサン人形を用いることで、多少コミカルでリアルさもなく、穏やかな印象を与えられるかも知れません。

最も言いたいメッセージを大きく表現し、コミカルに痛みを人形に表現させた接骨院のチラシ。

身体の歪みにフォーカスした接骨院のチラシデザイン

初めて接骨院など医療関係のチラシを作成するため、まずはネット上で接骨院を訪れる患者について検索すると、通院する患者には様々なカラダの痛みがあるという事を知りました。それら痛みを表現するために思いついたのがデッサン人形の存在でした。個々の痛みについて様々なポーズの写真を検索するのもいいですが、デッサン人形を実際に購入して撮影する方が時間が掛からずに済み、恐らく今後他の案件でも使う機会があると思い人形を購入して撮影しました。以外と各々痛みのポーズをさせて固定するのが難しく苦戦しましたが、思った通りに撮影できました。 接骨院など医療関係のチラシで悩むのは症例を示す方法で、イラストを使用すると多少安っぽく、実際の写真を使えばリアルすぎる印象があります。あまり普通っぽいチラシを作る気がなかったので、イラストでもなく実写でもない人形を利用し、更に使用する際に切り抜いて使うことで、できるだけ自由な表現が可能になったと感じています。

◎デザインの目的
身体が痛いと感じる人の多くはカラダの歪みが原因であるという事実を知らず、湿布を貼ったりマッサージをしているようで、その事実を多くの患者さんに知ってもらい良くなってもらいたいという想いから、医院の紹介用チラシの作成を依頼されました。

◎デザインでこだわった点
痛みの症例にデッサン人形を利用し、様々な痛みのポーズを取らせて撮影した画像を使用しました。リアルな表現や現実味がないイラストを使用せず、人形に代役させることで若干滑稽でありながらもわかりやすく興味深い表現になったと感じています。

チラシの実績紹介一覧に戻る

PAGE TOP