デザインの作成は神戸のディーパーツ

デザインは結果を導くプロセスがより重要

よく似てるデザインを見かけることは良くある。盗作だという人もいればオリジナルだという人もいる。客観的な観点で、共通点が多いほど裁判では不利になるという。結果だけに目をやればそうだが、本当はそこに行き着くまでのプロセスこそ重要なのだが。

2020エンブレムのデザイン盗用疑惑について

デザインに携わる者としては、結果で判断されるよりプロセスの重要性を感じて欲しい。

2020年に行われる東京オリンピックは競技場の問題を始め様々な問題を抱え、
まったく前途多難である。中でも問題視されているのは、デザイナーが作成したエンブレム案の盗作が疑われている。
大きなイベントなどが行われるとありがちな問題である。
もとは海外のデザイナーによる訴えで、マスコミの報道によりネットでは既に大炎上し、
この噂は一気に広まると共に「ぱくりデザイナー」などと不名誉な呼ばれ方までされている。
レベルは違えど同じデザイン業界の人間としては、軽はずみな発言はできるだけ避けたいのだが。

エンブレムのデザイン自体が似ているかどうか、それは各人の感じ方によるものが大きく、
一見してデザイナーが真似て作ったとは言いがたく、その判断は時期尚早である。
しかしデザインのプロセスは何とでも説明でき、それ自体が相手に伝わりにくいため、もし濡れ衣であっても払拭するには時間が掛かるだろう。

存在を知りながら作成したのか、全くのオリジナルなのか本人しかわからないことだが、
結果的に似ているのであれば、白黒ハッキリさせる必要があるだろうし、最終的に海外のデザイナーから訴えられれば、法廷で争うことになるだろう。

現在世の中にあるほとんどのものは、過去から拝借した知恵の結晶から成り立っている。

事実、世の中のほとんどのものは、過去を参考に新たなものが生み出されている。
これはデザインの分野でも例外ではない。
デザイナーになった当初は蓄積されたアイデアが全くなく、毎日デザインのストックを増やしながら少しずつ自分のオリジナリティを確立していく。好きな作品の一部分を引用することはあっても、ほとんど全てを真似ることはない。オリジナルデザインといえども自分のストックから創造されたもので、やはりどことなく似通ってくる。やはり何もないところからは何も生まれず、過去の産物に似てくることは至極当たり前のような気もしている。

いつも最終形の作品だけを捉えて盗作と判断するのではなく、そのプロセスや行動を含めた行為全体で判断すれば結果は違うのかも知れない。どこを判断基準とするかで考え方は大きく違うし、業界人と消費者でも見方は異なる。デザインの行為や表現など、全てをわかりやすく説明して理解を得ることは難しい。
しかし、結局この作品自体が盗作であるかどうか考えると、この他にも数々の疑わしい作品が存在しているらしく、完全なオリジナル作品であるとは言い難い気持ちにもなる。

一覧ページに戻る

PAGE TOP