デザインの作成は神戸のディーパーツ

現状の商材は試行錯誤でたどり着いた最適なデザイン

長い歴史の中で販売され続けている商品があり、変わらず非常にシンプルなデザインだったりする。情報化社会の中でより伝える情報量を増やすこともできるし、消費者の目を引くためにもう少し手を加えたくなるが、そのデザインに至るまでの試行錯誤が生んだ結果なのかも知れない。

今あるデザインが最良であるのかという議論

現状目にする確立された商品のデザインは、消費者の購入判断に大きな影響を与えるほど潜在的に刻み込まれている。

現在世の中にある商品に目を向けると、未だデザイン的に手を加えられそうな商品を目にする。しかしあまりにも普段見慣れていて気付かないことも多く、意識しなければ見過ごされてしまうだろう。
特にスーパーで販売されている多くの商品は、昔から目にしたり普段何気なく購入しているため、人間の潜在意識の中で商品購入の判断材料になってしまっている。

例えばスーパーのイチゴ売場を想像すると、「イチゴが透明のパックに並べられ、上から透明フィルムが被せてある」という光景を容易に思い浮かべられる。これは日本人になじみのある「イチゴが販売されている状況」だという意識があるから。
でも、「なぜフィルムのデザインがあんなに簡素なんだろう?」と疑問を感じる人は少ないと思う。恐らくイチゴを購入する人は、イチゴの大きさや鮮度など商品自体にだけ意識を向けていることもある。

先日果物の卸店から、これからは差別化を図るために箱や袋など商材のデザインにも力を入れ、スーパーなどに売り込めないかという相談を受け、その話をきっかけにスーパーを訪れ各商材を物色してみると、多くの予算をかけられる有名メーカーは商材のデザインにも力を入れているが、中小のメーカーほど簡素なデザインである傾向を感じた。

長い歴史のある商材に対するデザインは、現在に至るまでの試行錯誤が生んだ産物なのかも知れない。

様々なタイプのデザイン案を考えるうち、ふとあることに気付いた。
簡素なデザインが多いのは「商材にできるだけお金をかけたくない」という根本的な考え方とは別に、長い販売の歴史の中で商材のデザインを試行錯誤した結果、簡素なデザインで十分であるという結論に至ったとも考えられる。

つまりイチゴパックの場合、上に被せるフィルムに対し過去様々なデザインが施され販売されてきたけど、それほどの効果がなかった、あるいはシッカリ商品を確認できた方が良いなどの理由で、現状で十分と判断されたのかも知れない。

商品情報などを消費者に伝え届ける役割であるデザインが機能面を損なうようでは本末転倒である。

あくまでも商品の鮮度や色つやが大切な生鮮食品は、過剰なデザインは不要なのかも知れない。現状のある一点をだけを見て良し悪しを判断するのではなく、そこにたどり着いた歴史や可能性などを考えてみることは大切である。

一覧ページに戻る

PAGE TOP