神戸・明石でチラシ作成のデザインをお手伝いするディーパーツ
078-393-1255
♦その他のオススメ記事♦
チラシのデザインを通したクライアントとの理想のお付き合いとは

深く長い付き合いこそが良いデザインを生む条件

依頼者を十分に理解できていなければ良いデザインは難しいと感じている。
最近ではクラウドを利用してコンペ形式でデザインを募る手法のサイトが登場し、依頼者・デザイナー共に利用者は多い。
しかし利用して感じたのは、ページ内に掲載された依頼内容だけをもとにデザインしても、相手の温度を一切感じず、何の思い入れもない表面的なデザインにしかならない。
本当に良いものを作りたいのであれば、相手のことを十分に知ることは非常に重要なことだ。

一度きりのデザインで最良の結果を生む難しさ

時にはWebサイト経由で一度きりのお客様から依頼されることがある。
ネット経由で遠方からデザインの依頼を受けると直接打ち合わせができないため、依頼者の要望や好みなどを十分把握しきれず満足できるデザインにできたのか判断が難しい。

これまでの経験上、深く長いお付き合いをすることは相互の理解を生み、デザインを重ねるたびに理想的な制作物に近づき作業効率も上がる傾向にある。
例えば上記のようなコンペの場合、お互い何一つ信頼関係が無い状態から数多くのデザインが集まっても、本当に依頼者が求めている内容になっているのか疑問が残る。

一方、クライアントと長く付き合うことで相手の趣向やイメージなども理解でき、作業が非常にスムーズに進められている。
一人のデザイナーが何年も一つの仕事を任されるとマンネリになる可能性も考えられるが、そこはデザイナーの努力で変えていけると信じている。
つまり、一度きりで全てを把握して最良のものに仕上げることはとても難しいということ。

見た目以上の内容充実はクライアントを納得させる材料

依頼者の多くは見た目のかっこよさや美しさを求めがちだが、消費者は掲載された情報に魅力を感じれば見た目にはそれほどこだわらない
つまり、たとえ美しくかっこいいチラシでも内容が伴っていなければ望んだ結果にはならない。
デザイナーに依頼するからには体裁良く仕上げるのは当然のことだが、その上で消費者にとって有益かつモチベーションに繋がる内容にすることが良い結果を生む。

パソコンがあれば誰でもデザイナーという時代だが、
プロとアマチュアとの違いは「ただキレイに情報を並べてビジュアライズするだけか、しっかりと情報の伝わり方を考えて適宜表現できるか」であると考えている。
良いデザインであると感じても様々な外的要因により効果がうすくなる場合も考えられるが、簡単に要素を並べるのではなくしっかりと伝える内容を考えることがチラシ自体の信頼に繋がり、結果的にクライアントと長く付き合える条件なのだろうと思う。
単純に結果だけを簡単に欲する時代だが、そのプロセスこそが大切であり良い結果につながる。

一覧ページに戻る

⇑TOP

twitter facebook hatena pocket