デザインの作成は神戸のディーパーツ
078-393-1255

深く長い付き合いこそが良いデザインを生む条件

相手の十分に理解できていなければ、良いデザインはできない。クラウドを利用したコンペ型式のデザインのように文字情報だけで判断して作れば、何の思い入れもない情報を並べただけのデザインになりがちだ。本当に良いものを作りたいのであれば、相手を十分知ることが大切だ。

チラシのデザインを通したクライアントとの理想のお付き合いとは

一度きりの依頼ではなく、長く付き合う間柄の方が良いデザインを生む傾向にある。

フリーランスとしてチラシを作成していると、ネット経由で一度きりのお客様が数多く存在する。その多くはホームページ経由で当方を偶然見つけてデザインを依頼する。時間がない案件や突発的にデザインしてもらう必要が出たという理由がほとんどだ。
ネット経由で遠方の場合は直接打ち合わせができないため、依頼者の要望や好みなどが十分把握できず、初回のデザインに手間取ることが多々ある。

これまでの経験上、深く長いお付き合いをすることは相互の理解を生み、デザインを重ねるたびに理想的な制作物に近づき、作業効率も上がる傾向にある。例えば、その都度多数のデザイナーから提案を募るコンペ形式のサイトのように、何一つ信頼関係の無い状態でチラシを作成すると、仕上がる数は多くても相手の実力や素性も文字でしかわからず、何の思い入れもない薄っぺらな情報を元にデザインするしかない。

一方、現在でもお付き合いのある大阪の音楽教室は、これまでチラシやポスターなどの印刷物を作成することで相手の趣向やイメージなども理解でき、作業が非常にスムーズに進められている。一人のデザイナーが何年も任されるとマンネリになる可能性も考えられるが、そこは手を変え品を変え、努力をすることで変えていけるでしょう。やはり初回から全てを把握して最良のものに仕上げることは非常に難しいのです。

見た目以上に内容を十分に考えて充実させることで、クライアントを納得させられる。

仕事を依頼される多くの人は見た目のかっこよさや美しさを求めがちだが、エンドユーザーとなる消費者は知りたい情報が掲載されていれば見た目にはそれほどこだわらない。つまり、どれほどキレイで優れていると感じるチラシでも、それに見合うだけの充実した内容や情報がなければ反響が薄くなる。
デザイナーに依頼するからには体裁良く仕上げるのは当然のこととして、依頼者の意図や消費者の望みそうな内容を踏まえてデザインするプラスアルファが信頼につながると感じている。

パソコンがあれば誰でもチラシをデザインできる時代だが、プロとアマチュアとの違いは「ただキレイに情報を並べてビジュアライズするだけか、しっかりと情報の伝わり方を考えて適宜表現できるか」であると思う。良いデザインであると感じても様々な外的要因により効果薄の場合もあるが、簡単に要素を並べるのではなくしっかりと考えることが信頼に繋がり、長く付き合える条件なのだろうと思う。

一覧ページに戻る

PAGE TOP