デザインの作成は神戸のディーパーツ

減少し続ける印刷物が再び躍進することを願う

コスト削減や技術革新で印刷のカタチが変わり始めた頃、印刷物がなくなるかも知れないと感じた。しかし、印刷やデザインの機会は大幅に減ったものの、いまだ印刷物は残り続けている。

この先も印刷物がなくなることはない

予算をかけても反応の鈍さが際立つ折込チラシよりも、より安価で広範囲の集客が望めるWebを利用する傾向にある。

時の移り変わりとともにチラシの変遷などが見えてくる。チラシのデザインだけでなく、業種や打つタイミングなどの変化を感じる。
例えば近年、新聞折込のチラシを業種に限って見れば、景気などの影響もあり、十数年前のように様々な業種のチラシではなく、大型スーパーや家電量販店、不動産など購読者のニーズがあるチラシや、学習塾、冠婚葬祭関連のように季節や時期に限って折り込まれるチラシが目立つ。

日常必要とするスーパーやドラッグストアなどのチラシは毎日のように折り込まれる反面、その他のチラシに関しては相対的に数が減少している。つまり、我々デザイナーにとって「レギュラー」と呼べるチラシをデザインする機会は少ない。以前まで毎週のように目にしたパチンコ店や携帯ショップなどのチラシですら経費削減などを理由に印刷されていない。

一般的にチラシを作成しても集客や反響に乏しく、予算のかからない印刷物は止め、Webへ移行したことが原因だ。デザイン費用は少額でも、数十万部の印刷費用と折り込み費用を考えれば、おそらく不動産業界のように一契約で大金が動く業種でなければ厳しいだろうか。

CTPという印刷技術や印刷物に代わるPDF化の台頭で、将来印刷物がなくなるのではと危惧された。

まだ印刷会社に勤めてデザインのまねごとをしていた頃、CTPと呼ばれる新たな印刷環境が整いつつあり、それと同時にPDFによる情報の提供が盛んになり始め、将来的には世の中から印刷物はなくなるのか?などと感じさせられた。
全て電子媒体になるわけではないが、カタログや説明書などは徐々にPDFで提供されはじめ、現在でも多くの商品がで提供されている。PDF化は印刷会社に直接打撃があるだけで、パンフレットやカタログなどデザインするデザイナーには影響は少なかった。

PDF化やネット印刷の出現と値段のたたき合いで、多くの印刷会社が倒産や合併などに追いやられ、オンデマンド化の波に乗り遅れた多くの印刷会社が撤退を余儀なくされた。デザインや印刷を依頼する企業やメーカーは、コスト削減が可能ならデザインを抑えたり印刷せずPDF提供したい気持ちも理解できる。
現在でも大手企業やメーカーは儲けている反面、中小零細企業および個人フリーランスなどは全く潤っていない。

新聞の購読者数減少や印刷物自体の減少が露呈する中でも、チラシやパンフレットなどの印刷物は残り続ける。

十数年前に不安視していた印刷物がこの世からなくなるのでは?という思い。結果的には今後も印刷物がなくなることはなく、チラシやパンフレットをはじめパッケージや新聞などの印刷物も残り続けるだろう。
この十数年でデザインや印刷の技術も大幅に変化し、伸び続けているので、原点回帰という意味でも印刷物の地位がもう一度復活して欲しいと願うばかりである。

一覧ページに戻る

PAGE TOP