デザインの作成は神戸のディーパーツ

プレゼンやコンペのデザインは自分への気づき

長い間デザインをしていると、自分を見失ったり考え方が正しいのか確認したくなる。プレゼンやコンペ型式のデザインは普段参加することはないが、自分のいる場所を再確認するためにはちょうどいい取り組みであり、再び歩み出す機会でもある。

プレゼンの仕事でデザインの実力を測る

プレゼンのデザインやクラウド系コンペへの参加は、自分のデザインを見つめ直す大切な機会。

現在プレゼンの仕事は時間に余裕がある場合のみ受けているが、デザインや広告に対する考え方を改められる貴重なチャンスでもある。
それは、今自分が取り組んでいる仕事がお得意様の仕事である場合、内容やデザインのテイストなど理解していることが多く、どう取り組めばクライアントが好むか理解している場合が多い。
しかしプレゼンではほぼ事前情報がなく一発勝負であり、自分の知らない未知の課題を出され、それに対して相手に応えなければならない。

受注の仕事と決まっていれば、クライアントは一人のデザイナーが提出した案から選ぶが、プレゼンでは数人のデザイナーが数案出し合った中から選ぶことになる。テイストも何もかも違うデザインでは、依頼者が気付かなかった素晴らしい案が出たりする。つまり、見た目悪くないデザインでも選ばれないかも知れない。

プレゼンの仕事は準備運動が必要で、急に引き受けると気負ってしまい失敗することが多い。

仕事量の浮き沈みが激しいフリーのデザイナーにとっては、しばらく仕事が無い状態でプレゼンの仕事を引き受けることもあり、油断や気負いにより失敗する場合が多々ある。
以前引き受けたプレゼンの仕事はちょうど仕事が途切れた後で、主にWebサイトの修正やデザインの訂正などが多く、ろくにデザインらしい仕事をしていない状態で引き受けてしまった。やや専門的な内容だったので、
書店に行き書籍を読むなど一生懸命デザインを仕上げたがまとまらない。案の定「何が言いたいのかわからない!」「これでは使い物にならない!」とクライアントに散々叩かれる結果となり、自分の力なさを痛感させられた。

実際スキを作っていたわけではないが、結果的に基本を完全に忘れていた。自サイトなど商材を固めることに力を注ぎすぎ、本来のデザインに対する心構えが欠けていたということだろう。これをきっかけに、いつでも作業ができる環境を整えるように心がけている。当時は打ちひしがれたり嫌な感覚が残ったが、今では良い教訓となっている。

一覧ページに戻る

PAGE TOP