デザインの作成は神戸のディーパーツ

何に対しても実行して結果を見ることが重要

情報化社会において、情報をどう扱うかという問題は非常に難しい。正しい情報以上に間違えた情報もあり、多くの人に対して正しい結果をもたらす情報も、決して自分に合うとは限らない。だからこそ情報を吟味して正しい情報を採り入れて実行することが大切だ。

「まずやってみる」が正しいSEO対策の取り組み方

SEO対策は状況が人それぞれ違うため、他人の対策が自分のサイトに当てはまるとは限らない。

一つの議題に対して様々な人が様々な見解を示すのがSEOの世界であり、答えなどないに等しいと言っても過言では無い。しかし一つ言えることがあるとすれば、そこに書かれてある内容が自分の運営するサイトに当てはまれば正解だということ。どのような内容でもまずは情報を吟味し、良ければ自サイトに採り入れ、自分なりの答えを見つけることが正しいSEO対策の取り組み方であるように感じる。

ありがたいことにネット上には、SEO対策に関する情報が驚くほど存在している。公式の見解から独自調査、個人の見解まで多岐にわたり、どれを信用して良いか判断が難しい反面、SEO対策をするヒントとしては十分役立ちそうである。情報を選りすぐって採り入れてみればいいのだから。

ネット上の記事を鵜呑みにせず、自サイトへうまく利用することを考えてみるのが最適。

ある人が、「ページ内のキーワード出現率で検索結果が変動することなどない」とブログで紹介していた。内容や表現などを見れば、もう完全に効果など失せてしまったかのような表現であったが、正しくは「キーワードとなる単語を増やすだけでは」ということだろうか?

当時実際に自分自身で対策を施したところ、ほぼひと月後に約8位~10位程度の改善が見られた。しかし、これはあくまでキーワードとなる単語を単純に増やしたのではなく、単語と共に文章を増やしたりキーワードの並びも調整しているし、日々進歩するアルゴリズムにおいて今は当てはまらないかも知れない。結果的に本文に対するキーワード出現率は以前より高まり全体の文字数も増えたが、あくまでも瞬間的な対策の結果であり、この他の要素による変動かも知れず、永続的な改善というわけではない。

結論

多くの情報が混在するネット上では、興味があればよく調べ、やってみることで初めて結果が見える。だから、正しいSEO対策の取り組み方は「やってみること」であると感じている。サイトの情報を信じたものの効果を感じられず、「このサイトの情報は…」と他人のせいにせず、自ら確かめてみて答えを出すことが大切である。

非常に時間を要するSEO対策ではあるものの、自ら情報を判断して、効果のありそうな施策を少しずつ施し、その効果を確かめている。

一覧ページに戻る

PAGE TOP