チラシやパンフレットなど印刷物のデザイン制作はディーパーツ
078-393-1255

消費者を満足させる情報の有無がSNS利用のカギとなる

伝えるべき多くの情報があり、それを知りたい消費者が存在する。ソーシャルネットワークを利用して集客を目指す場合、情報の需要と供給のバランスが大切で、消費者の「知りたい」を満足させられるなら積極的に利用することが賢明で、重要なツールとなる。

プロレスや大相撲の大躍進のカギはSNSの積極的な利用

一生懸命だけでは、時代の流れを止め新たな流れを生むことはできなかった。

プロ野球やJリーグなど国内の安定した人気スポーツは別として、時代と共に浮き沈みがあり現在再び人気を取り戻しつつあるプロレスと大相撲。
プロレスは一昔前には地上波のゴールデンで放送されていた国民的な娯楽のひとつであり、子供から大人まで人気を博していたが、高度経済成長とともに誰もが楽しめる娯楽の数が増え、一気に人気が低迷していった。

大相撲は日本の国技で常に安定した人気がある反面、内部問題やスキャンダラスな出来事が重なるなど、業界全体が揺れて一気に不信感の目で見られた時期があった。

いずれも真剣勝負で誠実さをアピールしたり様々な取り組みにより人気回復を図るなど、常に最高のパフォーマンスをファンの前で披露し続けてきた。よく耳にする言葉として「真っ向勝負をしていればファンはついてくる」、コアなファンは理解できても時代はそれだけでは振り向くことはなかった。

情報発信の方法としてソーシャルメディアを利用したことで新たな世代のファンが振り向いた。

プロレスや大相撲だけでなく組織として運営し続けるためには、会場へ足を運んでもらったりグッズを買ってもらうなど、常に儲けを生まなければならず、新たなファン獲得が必須の課題である。昔から応援し続ける高い年齢層のファンと違い、若年層のファン獲得にはこれまで同様の情報発信だけでは難しい。

例えば、両業界とも従来からホームページは運用していたが、情報の発信源として単発的で広まりが薄かった。ファン以外で存在を知るためには検索したり偶然見たバナー広告などで知ったりと、出会う機会が限定的であった。

しかし組織内の世代交代なども相まって、会社や選手などが積極的に様々なソーシャルメディアを利用しはじめて徐々に情報が拡散されはじめ、ここ数年で若い世代への露出に成功し続けている。恐らくこの反響を肌で感じているのではないだろうか?

現代は情報をコラボさせ発信させることが主流で、ホームページの情報を他のメディアで宣伝し広める手法が一般的だが、ソーシャルメディアとからめながら若干後発的ではあるものの業界は見事にV字回復している。

伝えるべき情報を豊富に持っていれば、それを積極的に発信することが集客に繫がる。

ソーシャルメディアの利点は「情報が情報を生む」点にある。例えばプロレスを、例えば大相撲の情報を直接フォローしなくても別のフォロワーから関連する情報が届く場合があるなど、情報の連携・連鎖が生じることで爆発的に一気に情報が広まる。特に若い世代に向けたファン獲得には入り口が多いほどよいと言えるので、ソーシャルメディアの利用は集客に必要不可欠と言える。

そして発信すべき情報が豊富にあるかどうかも大切な要素で、我々一般人とは違い伝えるべき情報が多い有名人は、食事の内容を知らせるだけでも知りたいファンが少なからず存在するため非常に有益な情報となる。つまり、堅物なイメージしかない力士の素顔や会場の雰囲気などがつぶさに見られたり、
普段は目にすることがない地方巡業の様子なども写真から雰囲気が伝わってくる。「楽しかった」のひとことを流すだけでも情報が勝手に一人歩きし、新たなファン獲得の一因となっていく。

ソーシャルメディアを利用する以外の取り組みも業界回復の要因として考えられるが、様々なソーシャルネットワークサービス利用の前後を観察してみた結果、非常に大きな役割を果たしていることは疑いようがない。
ソーシャルメディアを利用した集客に必要な要素は、どれだけ多くの伝えるべき情報を備えているか、そしてその情報を必要とし知りたいと考えるユーザーがどれだけ存在するかで、その需給関係のバランスこそが成功するかどうかのカギとなるだろう。

一覧ページに戻る

PAGE TOP