デザインの作成は神戸のディーパーツ
078-393-1255

特徴を踏まえた効果的なチラシの作り方を考える

ハッキリとした目的や方向性を考えずただやみくもにチラシを作るのではなく、それぞれの媒体の特徴を考慮し、情報の展開や配布方法などに応じた作り方を考えることが重要です。


徴を考えた効果的なチラシの作り方

数ある広告の中でも、気軽さがチラシの特徴。

広告と聞いて最初に思い浮かぶのはチラシではないでしょうか?
それほど広告の中でもチラシは非常に身近な存在で、印刷を含めた費用も比較的安価で済むため大量に投下して反響を得るための媒体として気軽に利用されている広告です。

これまで広告の主力であったチラシも反響薄や急速なインターネットの普及により、ホームページによる集客やネット広告に押されつつありますが、適材適所でターゲットを絞ってチラシを作れば未だ有力な媒体だと信じています。

近年では印刷物自体の需要が少なくなってきているため、大判サイズのチラシの需要は減少し、現在はA4サイズが定番です。利用シーンも新聞折込をはじめ、DMやポスティングなど、様々なシーンで利用されています。

形状から考えるチラシの作り方

チラシを作るとき、どうすれば人の目に付いて手にしてもらいやすいのでしょう?
チラシは表と裏の2面だけで情報を伝えるため、作り方や見せ方は限られます。

直接商品やサービスにリーチさせる広告も存在しますが、あくまで消費者のモチベーションを高め行動を促すことが目的なので、オモテ面に興味がなければウラ面は見てくれない事を考えると、目に付きやすいようなインパクトのある表現にすることも大切な要素です。

また、大切な内容をオモテ面にすべて掲載したり、興味を引かせてウラ面につなげるなど、内容や状況を想定しながら適切な作り方を考えます。対象とする年齢層や性別などターゲットに対して投網を打つような感覚でチラシを作ると、核となる内容の伝え方さえ間違わなければヒットするはずです。

利用シーンからチラシの作り方を考える

1日の中でチラシを目にする機会は多いはずなのに、あまり記憶にないのはなぜでしょう?
それはチラシが人々の日常生活に溶け込んで生活の一部として定着しているからです。だからどこにでもあるようなチラシでは誰も目を留めてくれず、記憶にすら残らないのです。
デザインの内容は大切ですが、使用される状況に応じた考え方は大切です。

  • 1.新聞折り込み
  • 2.DM・ポスティング
  • 3.各種施設等への平置き
  • 4.街角や施設でのラック置き

1.新聞折り込み
新聞折り込みは挟み込まれる事を考えて他の広告物に埋もれず目立つデザインやサイズ選びが大切です。特に週末など数多くのチラシが同時に入る場合は尚更です。

2.DM・ポスティング
DMは定型サイズがほとんどですが、チラシをポスティングで使う場合、集合ポストの幅を考えるとA4やB5サイズでは大きすぎるので、より小さなサイズを選ぶことは気遣いです。また、大量に投函された場合でも内容を即判断できるような色使いや見せ方が求められます。

3.各種施設等への平置き
町の主要施設や店頭、レジ横など人目に付きやすい場所に設置される場合目立ちやすいことも大切ですが、設置場所の雰囲気を壊さないようなチラシの作り方も大切です。事前に設置される場所を訪れて雰囲気や客層などを確かめて判断することが大切です。

4.街角や施設でのラック置き
商店街など人が行き来する場所にあるラックに立て掛ける場合、ラックの種類によってはデザインの下半分が隠れてしまうので、それを考慮した作り方をしなければ

使うシーンで紙の質や厚さはデザインよりも意味深くなる。

いろんな紙の種類があって、中でも割高な印刷用紙を選ぶ意味ってあるんでしょうか?
一般的によく使われる紙の種類には、コート紙やマット紙、あるいはその中間にあたるマットコート紙があり、印刷物の多くがこの種の印刷用紙です。これらは大量に流通しているので他の用紙より安価で印刷できます。

地域一円に大量に撒く家電量販店やスーパーなどのチラシは、印刷が大量部数のため料金が安いに越したことはありません。一方展覧会のお知らせや多少凝った雰囲気のチラシであれば、雰囲気に合わせて紙の質もこだわっている場合があります。紙の種類によって人が感じる印象は全く違うため、TPOにあわせて紙の種類にこだわると反応も違ってきます。 

紙の種類の他に紙の厚さでも印象は違います。紙の重さは1枚では量れないので、通常四六判で1,000枚単位の重さを基準にしています。
最も利用されているのは90kgや110kgで、ハガキや名刺に使われるような180kgや200kgをチラシで使うことは稀です。新聞折り込みの不動産物件一覧のチラシや家電量販店、スーパーなどのチラシは、53kgや58kg程度の薄い紙が使用され、輪転機により大量印刷されています。

一昔前と違い、世間的には経費削減で印刷用紙にこだわらなくなりましたが、デザイン内容や雰囲気に合わせて紙の種類や厚さを選ぶことで、人の感じ方も大きく異なります。

一覧ページに戻る

PAGE TOP