神戸・大阪でチラシ作成のデザインをお手伝いするディーパーツ
078-393-1255
徴を考えた効果的なチラシの作り方

媒体の特徴やシーンを考えた効果的なチラシの作り方を考える

ハッキリとした目的や方向性を考えずただやみくもにチラシを作るのではなく、それぞれの媒体の特徴を考慮し、情報の展開や配布方法に応じた作り方を考えることはとても重要。
しかし最も考えるべきことは、その印刷物を手にする消費者にとって親切かつ利便性を感じられるか、ということである。

数ある広告の中でも気軽さはチラシの特徴

広告物と聞いて最初に思い浮かぶのはチラシではないだろうか?
それほど広告物の中でもチラシは身近な存在で、印刷を含めた費用も比較的安価で済むため大量に投下して反響を得るための媒体として気軽に利用されている。

しかし、これまで広告の主力であったチラシも反響薄や急速なインターネットの普及により、ホームページによる集客やネット広告に押されているが、適材適所でターゲットを絞ってチラシを作れば未だ有力な媒体である。

近年では印刷物自体の需要が少なくなってきているため、大判サイズのチラシの需要は減少し、現在ではA4サイズが定番となりつつある。
利用シーンとしては新聞折込をはじめDMやポスティングなどで、その他様々なシーンで利用されている。

特徴を考慮して情報の流れを考える

チラシを作るとき、どうすれば人の目に付いて手にしてもらいやすいのでしょう?
チラシは表と裏の2面だけで情報を伝えるため、作り方や見せ方のバリエーションはそれほど多くない。
直接商品やサービスにリーチさせる広告も存在するが、あくまで消費者のモチベーションを高めて行動を促すことが目的なので、オモテ面に興味がなければウラ面は見てくれない事を考えると、目に付きやすくインパクトのある表現にするのも一案。
また、大切な内容をオモテ面にすべて掲載したり、興味を引かせてウラ面につなげるなど、内容や状況に応じた適切な作り方を常に考える必要がある。

利用シーンからチラシの作り方を考える

1日の中でチラシを目にする機会は多いはずなのに、あまり記憶にないのはなぜか?
それはチラシが人々の日常生活に溶け込んで生活の一部として定着しているから。
どこにでもあるようなチラシでは目立たず誰も目を留めてくれないかもしれない。
また、デザインや内容だけではなく、利用されるシーンによってもよく観察し、その特徴を捉える必要がある。

  • 1.新聞折り込み
  • 2.DM・ポスティング
  • 3.各種施設等への平置き
  • 4.街角や施設でのラック置き

1.新聞折り込み

新聞折り込みは新聞にはさみ込まれる事を考えて他の広告物に埋もれず目立つデザインや用紙サイズ選びをすることが重要。
特に週末など数多くのチラシが同時に入る場合は尚更考えなければならない。

2.DM・ポスティング

DMとして利用する場合、チラシやリーフレットを単独または抱き合わせで送付するなど様々なケースが考えられるが、特に他社の媒体と抱き合わせの場合は、内容・形状ともに見てもらえるひと工夫が必要だ。
また、ポスティングで使用するならポストのサイズを考えなければならない。
一般的なマンションの集合ポストは非常に薄くA4やB5サイズでは大きすぎて迷惑、だからそれより小さなサイズを選ぶことは最低限のマナーだと考えている。
いろいろ投函されたチラシ類は住民によってその場ですばやく仕分けされるので、少しでも手を止めて気になってもらえるような内容が必要だ。

3.各種施設等への平置き

人が多く立ち寄る主要施設や店頭、レジ横など、人目に付きやすい場所に設置される場合は目立ちやすいことも大切だが、設置場所の雰囲気を壊さないようなデザインにすることも大切。
事前に設置場所を訪れて雰囲気や客層などを確認してからデザインなどを考える必要性がある。

4.街角や施設でのラック置き

商店街や駅など人が行き来する場所に置かれる専用ラックに立て掛ける場合、ほとんどのラックでは下が隠れてしまうため、重要な内容は上部の見える箇所に配置する必要がある。
事前に使用するラックが分かる場合は確認が必要である。

このように、デザインや印刷だけを考えるのではなく、その後に利用される場所やシーンによってもデザインや表現などを十分に考えなければ、効果が半減する可能性があることがわかる。

使うシーンで紙の質や厚さはデザインよりも意味深くなる

世の中には様々な紙の種類があり需要と供給により価格に大きな違いがある。
一般的によく使われる紙の種類には、コート紙やマット紙、あるいはその中間にあたるマットコート紙があり、印刷物の多くがこの種の印刷用紙である。
これらは大量に流通しているため他の用紙より安価で印刷できる。
それでは、割高な印刷用紙を選ぶ意味ってあるんだろうか?

地域一円に大量に撒く家電量販店やスーパーなどのチラシは、印刷が大量部数のため料金が安いに越したことはない。
一方、展覧会のお知らせや多少凝った雰囲気のチラシを作るなら、その雰囲気に合わせて紙の質もこだわっている。
印刷用紙には消費者へのメッセージが込められている。
紙の種類によって人が感じる印象は全く違い、TPOにあわせて紙の種類にこだわると人に与える影響や反応も必ず違う。

紙の種類の他に紙の厚さでも印象は違う。
紙の重さは1枚では量れないので、通常四六判で1,000枚単位の重さを基準としている。
チラシに利用される紙の厚さは90kgや110kgが一般的で、ハガキや名刺に使われるような180kgや200kgをチラシで使うことはほぼない。
新聞折り込みの不動産物件一覧のチラシや家電量販店、スーパーなどのチラシは53kgや58kg程度の薄い紙が使用されコスト優先に考えられている。

一昔前とは違い経費削減が第一で印刷用紙にこだわることは少なくなったが、大切な印刷物や印象を強めたい場合には、雰囲気にあわせて手触りの良い高級感のある印刷用紙にしてみれば消費者に良い印象を与えるかもしれない。

一覧ページに戻る

PAGE TOP