デザインの作成は神戸のディーパーツ
078-393-1255

どんな状況下でも結果が求められるデザイナーの役割

常に消費者を意識しながらモチベーションにつながるデザインを考えているが、たとえ担当者との話し合いで最良のデザインだと感じても、結果につながらないことがある。特に単発であれば、結果を得られなければ今後仕事が来るかどうかも難しいかも知れない。

結果が伴わないデザインは単なる作品に過ぎない。

デザイナーにとって様々なジレンマを感じる瞬間がある。
例えば制作者とクライアント双方で納得できるデザインに仕上げても、結果的に思うような集客や売上につながらない事がある。良いデザインという解釈が情報を提供する側と消費者で大きく異なる事を感じる瞬間でもある。

デザイナーと担当者が共に納得の上で印刷し折り込みやポスティングしているので、一定の納得を得た状態ではあるが「プロに頼んだのにこんな程度なのか」という思いもあるだろう。デザイナーの役割は単純にチラシやパンフレットなどをデザインして印刷物を作るだけでなく、集客や売上につなげるという目的を達成する役割も担っている。だから常に結果を意識しながら製作を進めなければならない。

デザイナーにクライアントを選ぶ権利はなく、必要以上に懇願する立場でもない。

結果を踏まえて分析・反省をして次につなげることは大切だが、結果が伴わなければ今後デザインを依頼されることがないかも知れない。再挑戦させてもらうよう依頼もできるが、あくまでクライアントに全ての選択権があり、デザイナーにその権利はない。常に結果が求められる立場である以上従わざるを得ない。

「来るもの拒まず、去る者追わず。」
何かをきっかけにデザインを依頼してもらう機会に恵まれ、双方十分な話し合いをして制作物を作る。結果次第では次に作る制作物の依頼が来るかどうかは相手次第であり、今後連絡が来るとも限らない。成果物に対しての評価は人それぞれだが、すべてが依頼者の考え方や気持ち次第となる。

一覧ページに戻る

PAGE TOP