デザインの作成は神戸のディーパーツ

フリーランスならではの自然と集まる情報の広さ

世の中にある様々な情報も立場や環境が変わればその範囲や内容も大きく異なる。会社勤めの頃デザイナーとして感じたこととフリーランスの今とでは、物事の見方や感じ方などに大きな違いを感じている。それは自然と身についた現象で、フリーランスとして必要だと思う。

デザイナーとしての物事やアイデアの捉え方

企業人とフリーランスの大きな違いは、情報を得るための広い視野と行動範囲そして物事の見方。

サラリーマンとして企業の一員だった頃とフリーでデザインをする現在を比べると、明らかに物事に対しての見方に変化があることに気づく。
特に他人の行動や言動など、人を客観的に見ていることに改めて気付いた。どのような仕事で立場はどうなのか?どんなことを思って仕事に臨んでいるのかなど、電車内では現実的な日常会話が聞こえてくる。また、デザインに関する知識や経験も一般的には先輩や取引先などを中心に得ることが多く、自ら行動範囲を広げて情報を得るようなことは少なかった。

会社勤めであれば常に同僚や上司の存在があり、組織の一員として物事を考え行動するが、フリーのデザイナーは情報の受信も発信も自ら行うため、一般社会や日常すべてが情報源で自然と敏感になり行動範囲や情報収集域も広がった。今思い返せば、特に注意していたわけではなく、フリーランスでデザイナーとして活動するため自然と身についたのかも知れない。

自由なイメージのあるフリーランスのデザイナーだが、会社内の一員として感じる責任とは大きな違いがある。

自分を取り巻く環境が変わることで生活や習慣が変わり、興味や自分に必要となる情報も大きく変わる。会社勤めでデザインに煮詰まると、同僚や上司と話す程度だが、フリーランスの場合良いデザインを考えたり情報を得るためには、積極的に机の前から離れて様々な場所を訪れたり、一時的に作業の環境を変えることが大切になる。
時間に縛られることなく自分が良いと感じたモノを採り入れ行動することで、活性化され良い効果を生む。フリーランスは自由であるというイメージが先行するが、全ての事柄を自ら行う必要があるため様々なことに対する「責任」は会社内のそれとは大きな違いがある。

一覧ページに戻る

PAGE TOP