デザインの作成は神戸のディーパーツ
078-393-1255

公共的な場には広告を限定的な場面ではチラシを

電車内のような別々の目的を持った多くの人々が集まる場所に相応しいのは、人に気付きを与えるような内容の広告物。そして日常デザインしているチラシは、限定された人々に対して特定の情報をダイレクトに届ける目的があり、両者には大きな違いがある。

公共の場においては情報を宣伝・告知するだけの目的の広告が好まれる。

通勤電車内にある様々な印刷媒体を眺めながら、
ふと「広告」と「チラシ」という2つの言葉が浮かび、その目的や手法に大きな違いがあることに気付いた。
電車内は不特定多数の様々な目的を持った人々の利用が見込まれ、情報や物事を宣伝・告知するには適した場所である反面、即売上につながるような情報を掲載してもあまり意味を成さない場所でもある。

電車内を見渡してみると学校説明会や各種サービスのお知らせ、雑誌書籍の紹介など乗客に対して「気付き」を与える広告物が目立つ。掲載内容も端的で、小難しい内容や詳細などを避け重要な内容をメインにドラマティック、あるいは目立つような表現が多い。
日常様々な場所に広告が掲載されているが、掲載する場所を間違えると一切効果が望めないことに気付いた。

宣伝・告知する目的から一歩踏み込んだアプローチが必要なチラシ。

普段デザインしている広告物は、電車内にあるような宣伝・告知する目的の広告ではなく集客や売上に直接つながるチラシだ。集客や販売を目的とするチラシをデザインする場合、電車内にある広告のように婉曲な表現や気付きを与える表現だけではなく、一歩踏み込んだ消費者に行動を取らせる仕掛けが必要となるだろう。また、人目に付く場所などではなく特定の限られた人達が対象となる。

両者共に共通する目的は広く知ってもらう事であるが、
頭や心の片隅に留めてもらうだけで十分な広告物と違い、チラシはより直接的で宣伝の意味合いが強い印象がある。今後様々なタイプの広告物を作成するだろうが、場所や状況などに応じてつぶさに観察すれば新たな気付きがあると感じた。

一覧ページに戻る

PAGE TOP