デザインの作成は神戸のディーパーツ

WEBサイトに誘うための不思議なチラシ

こんなかっこいいチラシを見付けましたYO!
【記事公開日】2017/07/15 【最終更新日】2017/10/11

とにかくWebサイトへ誘導したければ、とてもシンプルな内容のチラシでもいいと言いたげ。 様々な企業や映画関係、画家の展覧会に音楽関係のチラシなど様々なジャンルのチラシが展示されるスペースがある。ビジュアルに力を入れたチラシからリラックスさせる個人のチラシまで、非常にデザインの参考になる。 ある程度潤沢な予算を有する企業は、紙質も内容にも十分こだわっている。一方、個人の展覧会やWebサイトへ誘導するチラシになると、既成概念に囚われることなく、自分で思うがままにデザインしたチラシが多い。 このチラシ、全く力を感じない紙面でしょ。3コマで雲の流れを描いたイラストとタイトル、そしてサインとアドレスのみが描かれている。アドレスをたどると、南アフリカ出身のgraeme mcneeさんという方のWebサイトだとわかった。イラストのタッチには温かみがあり、非常に独特な空間が広がっていた。 例えばオープンしたての店舗がWebサイトを作り、宣伝のためにSEOやネット広告で集客するけど、最近はアナログ的な手法で集客するところも珍しくなってきた。たぶん最小限の経費で済ませたいからだろうけど、Webサイトへの誘導が目的の場合、店名とアドレス、そして多少のヒントを載せたチラシを近くの施設に設置してもらうだけで、集客に役立つでしょう。 パッと見て不思議と感じる広告でも、目的に合ったデザインや使い方をしていれば、十分効果的で役立つチラシになることがわかる。
かっこいいチラシの紹介一覧に戻る

PAGE TOP